オーストラリア ファーム ワーキングホリデー 海外記録

【オーストラリア 】ファームジョブの給料事情【ペイスリップ付き】

更新日:

オーストラリアのファームの仕事は、人によって稼げるという人と稼げないという人に分かれますが、実際のところお給料はどうなっているのかまとめました。

わたしは先に言っておくと、時給$22だったのでそこそこ稼げました。

参考にペイスリップも載せています。

ファームの給与形態

お給料の形態は大きく分けて時給制と歩合制の2つあります。

時給制

時給制は1時間いくらもらえるか金額が決まっているので、働いた時間分お給料がもらえます。

例えば、時給$22で1日7時間働いたら$154。そこから休憩時間分(休憩があれば)とタックスがひかれたものが手取りになります。

わたしの周りでは、ファームジョブでの時給は、当時の最低時給から$27まで聞いたことがありますが、どこにでも最低賃金以下で雇う雇用主がいるので気を付けましょう。みんながみんな良い給料で働けるわけではないです!

歩合制

歩合制は時間で金額が決まっているわけではなく、出来高制になるので時間内に自分がどれだけ働いたか(収穫したか)によって変わります。

例えば、イチゴを収穫する仕事をしている場合、バケツ1つでいくらか箱1つでいくらかのように金額が決まっているので、どれだけバケツや箱にイチゴを収穫したかによって給料が変わります。

さらに、歩合制には2種類あります。

  1. 【自分だけの歩合制】自分で収穫した量が自分のお給料に。
  2. 【チームでの歩合制】チーム全員で収穫した量を人数で割った分が自分のお給料に。

自分だけの歩合制は分かりやすいし自分が頑張った分がお給料になるのでやる気にもつながると思うのですが、チームでの歩合制は頑張りは人によってそれぞれ違うので、あんまり働いていない人と同じ金額しかもらえないなど不公平なことも起きます。

 

時給制と歩合制どちらが稼げるか

時給制と歩合制で実際にどちらの方が稼げるかは、ひとりひとり違うので正直なんとも言えませんが、簡単な目安で言うと「体力に自信のない人は時給制」「体力に自信のある人は歩合制」かなと思います。

時給制のメリットデメリット

〇時給が高く、1日の実働時間も長ければ安定して稼ぐことができる

✖時給が安いと長時間働かない限り稼げない

✖時給が高くても1日の実働時間が短ければ安定して稼ぐことはできない

歩合制のメリットデメリット

〇自分が頑張った分が給料になる

✖体力のない人が稼ぐのはなかなか難しい

✖チーム制だと不公平な状況がおきる

どんなに稼げる仕事だと言われても自分に合わなければ稼げる確率は減ります。例えば小柄な女の子が5キロあるすいかを収穫し続けるのは辛いし、収穫スピードが遅ければ稼げないだけでなくクビだってありえます。

こればっかりは自分の体格・体力と作物によるので、自分に合う仕事を見つけるのが第一。

ファームの給料は働くファームやその人の能力によって差が出やすいので、稼げなかったらファームを変えるなど手を打ちましょう。

 

わたしがファームで働いていたときのペイスリップ

時給制

週給$1156(手取り) 時給$22.13 多分5.6日勤務。

 歩合制

週給$537(手取り) 6日勤務。

ちなみに歩合制の時はコントラクターがお金を盗んでいたので、本当はこれよりももっと貰えているはずでした。多分この感じなら$700以上にはなっていたんじゃないかと思います…。(このことを思い出すといまだにイライラする)

 

オーストラリアのファームで稼ぐにはどうする?

オーストラリアのファームは「稼げる!」と言う人と「稼げない」と言う人がいますよね。これは、オーストラリアに優良なファームと悪徳なファームが存在していることが関係していると思います。

優良なファームはちゃんとお給料を払ってくれるし時給や単価もいいですが、悪徳なファームは給料を滞納したり、時給や単価が低かったりと条件が悪いです。

簡単に言うと、ファームは稼げると言う人は優良なファームを見つけた人たちで、ファームは稼げないと言う人は悪徳なファームを見つけた人たち

Summy
稼ぎたいなら「優良ファーム」を見つけないとね

優良なファームに行っても歩合制だと自分の収穫速度が遅ければ稼げない場合があって、仕事が上手く出来なければシフトをもらえず稼げない場合もあるし、仕事が上手ければシフトを増やせてもらえたり、割の良い仕事がもらえたり時給が上がる可能性もあって、要するに「その人の能力」も大きく関係するのですが、最低限悪徳ファームは避けましょう。

ということで、稼げるファームを探すには最初が肝心。こちら↓も読んでもらうとファーム探しに役立つと思います~!

【オーストラリア】稼げるファームの探し方

ファーム仕事を探している人の目的は「セカンドビザのため」の人が多いと思いますが、中には「お金を稼ぐため」の人も少なくないはず。 セカンドビザが目的であっても同時にお金が稼げれば一石二鳥ですよね。 「フ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Sammy

オーストラリア、ニュージーランド2カ国のワーキングホリデーと、フィリピン語学留学の経験を元に海外生活について書いています。

-オーストラリア, ファーム, ワーキングホリデー, 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2019 All Rights Reserved.