オーストラリア ファーム ワーキングホリデー 海外記録

【オーストラリア】稼げるファームの探し方

投稿日:2018年7月21日 更新日:

ファーム仕事を探している人の目的は「セカンドビザのため」の人が多いと思いますが、中には「お金を稼ぐため」の人も少なくないはず。

セカンドビザが目的であっても同時にお金が稼げれば一石二鳥ですよね。

「ファームは稼げる!」という情報が出てくる中、全然稼げないファームに行ってしまって家賃代すら稼げず苦しい思いをする人も一定数います。

1年間しかないワーキングホリデー生活なので、失敗しないようにファーム探しには最善を尽くしましょう。

作物の時期を考える

稼げるファームを探すためには作物の時期を知ることが最重要です。

オーストラリアは国土が広く地域によって気候が変わり、育てられている作物や時期がずれるため、1年通してファーム仕事はあるので、しっかりと地域ごとに時期を確認しておけば仕事は見つかります。

全く時期でないときに行ってしまうと仕事は少ないか最悪の場合仕事はないため、時期を知って作物がシーズンの時に行くためにも時期を知る必要があるのです。

Summy
これ本当に重要だよ

作物には大きく分けて苗・種植えの時期と収穫の時期があって、時期によって仕事の種類は変わります。

作物を収穫する時期には収穫の仕事のほかに、収穫した作物を箱に詰める梱包の仕事もあって、収穫時期が終わると枝きりの仕事もあります。

ファーム仕事の種類

  • 苗・種植えの仕事は「プランティング」
  • 収穫の仕事は「ピッキング」
  • 梱包の仕事は「パッキング」
  • 枝きりの仕事は「プルーニング」

上記の中で自分のやりたい仕事の求人を見つけてファームに行くことになりますが、この中でも仕事が多いのは「作物収穫の時期」で、人手が必要な分求人も増えます。

季節労働者が正しく仕事を見つけられるように、オーストラリア政府のWEBサイト【Towns and Crops】にオーストラリア全土の作物の時期が載っているので、ここを見ればいつ頃どこへ行けば良いか分かります。

収穫時期はその年の天気やファームの状況で多少ずれてしまう可能性もあるので目安にはなってしまいますが、おおよそでも知っておきましょう。

 

稼げる仕事を探す方法

Towns and Cropsで、自分の移動したい時期と収穫時期を見比べてある程度移動したい場所が定まったら、その場所について調べます。

仕事を探す方法は主に以下の3つです。

  1. 求人サイトを使う
  2. ファームかワーキングホステルを探す
  3. 口コミ

1.求人サイトを使う

  • Facebookのグループ(ファーム関連やバックパッカー関連のもの)
  • Gumtree】の求人欄
  • オーストラリア政府運営【Harvest trail】の求人欄

ネットに求人が載るのは「収穫が始まる前に人を集めておきたいとき」または「収穫が始まって忙しいのに人が足りないとき」です。

場所によって仕事が見つかるかは早い者勝ちなので、忙しくなった後だと自分よりも早く着いた人たちに埋もれてしまって仕事が回ってこないこともあるので、収穫が始まる前に行く方がおすすめです。

また、ファームで長く働きたいなら収穫が始まる前に行った方が、収穫時期いっぱい働けるので途中で仕事が減ってしまって移動しなくてはいけなくなる可能性も低くなります。

 

2.ワークホステルかファームを探す

ファームで働くには「ファームと直接契約する方法」と「ファームと契約しているワークホステルに仕事を紹介してもらう方法」があります。

ワークホステルに仕事を紹介してもらう

ワークホステルはバッパーと基本的に同じですが、バッパーのオーナーが近くのファームと契約していてワークホステルに住むとオーナーが仕事を紹介してくれます。

オーナーによってバッパーに住んだ人から早いもの順に仕事を紹介する場合と、てきとーに振り分けてくる場合があって、早いもの順の場合はリストが長くなればなるほどいい仕事を先に取られてしまう可能性があるので注意が必要です。

ファームまでの移動はバッパーのスタッフが送り迎えしてくれることがほとんどなので車がない場合はワークホステルへ泊まるのが一般的です。

ファームへ行き直接契約する

ファームに直接行くか電話やメールで問い合わせて、ファームのオーナーと直接契約して仕事をもらいます。

車があって家を探すことや自分で交渉することが苦でないのならこちらの方が自由度は高いですが、英語がある程度わからないときついかもしれません。

 

3.口コミで探す

以前そこで働いたことのある人がSNSに情報を載せているのでそういった情報を頼りにするか、知り合いのつてで見つけるのは割と確実な方法です。

わたし自身知り合いの紹介でワークホステルを見つけて仕事を手に入れました。

 

求人に連絡するときの注意点

移動したい場所が決まって、求人またはファーム、ワークホステルが見つかったら実際に連絡を取りますが、連絡手段は「メール、電話、直接会って話す」の3パターンあります。

  1. 「電話」一番早くて確実。
  2. 「メール」返事が返ってくる保証はない。
  3. 「直接会って話す」車で行けるなら直接行くのが早い。

問い合わせる時に聞いておくこと

  1. 給与形態(時給制か歩合制か)
  2. いつから仕事を開始できるか
  3. 契約しているファーム数
  4. 家賃
  5. 送り迎えはしてくれるか

連絡してみて相手の返事の早さや返事の内容も信用できるかの判断材料になるので、自分で直接連絡するのがおすすめです。

-オーストラリア, ファーム, ワーキングホリデー, 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.