ワーキングホリデー 海外記録

ワーホリ3年目でも使ってる手放せない持ち物リスト【パート1】

投稿日:2018年8月4日 更新日:

わたしはワーホリ3年目を迎えます。

ありがたいことにまだ生きてます。

さて、手続きやら荷作りやら情報調べたりワーホリ前の準備って忙しいですよね。

そして散々調べて持って来たのにやっぱ使わないものもあったりします。悲しい。

 

今回は「ワーホリ3年目でも使ってる手放せない持ち物リスト」を作ってみました。

長くなってしまったのでワーホリ3年目でも使ってる手放せない持ち物リスト【パート2】に続きます。

 

日本製品を扱うお店があれば現地でも日本製品を入手できるので、荷物を減らしたくて割高でも構わないなら現地購入がおすすめです。

一部オーストラリアとニュージーランドに特化しているかもしれませんが一般的なワーホリに使えるものだと思います。

ワーホリ生活中に持ち物リストから排除したものリスト30 も参考にどうぞ。

国際線機内持ち込み手荷物に入れる物リストワーホリ準備に必要な全13ステップも作ってます。




ワーホリ3年目でもやっぱりお世話になってる手放せない持ち物リスト【パート1】

1.スーツケース

バックパックかスーツケースか迷ったらスーツケース。

鍵が閉まるので貴重品が保管できるし、重い荷物を運ぶのにもバックパックの何倍も楽だからバックパッカーになる予定のない人は迷わずスーツケース。

小柄な女性が無理なく持ち運ぶのにバックパックに詰められる量は10キロ以下だけど、スーツケースなら20キロ以上運ぶことが可能。

スーツケース を楽天市場で確認する

 

2.丈夫で機内持ち込み可能サイズのリュック

パソコンやなんやかんや入れると重くなる(5-7キロ)ので、機内持ち込み用バッグは絶対にリュック派で、パソコン収納用のポケットと衝撃吸収クッション付きはマスト!

移動の衝撃でパソコンのハードディスク壊れたから衝撃には気を付けてね!

 

3.ボディバック

防犯対策で貴重品はリュックには絶対に入れずボディバックに入れて肩からななめにかけて使う。

現地でも身軽に動きたいのでボディバックはよく使うし、貴重品をしまうのに口の空いてるバックは危ないので使わない。

SUPERFROG を楽天で市場で確認する

 

4.トートバック

図書館で本をかりたときやスーパーで買い物したときにトートバック(エコバック)があると重宝するけど、口はしまらないのでお財布、スマホなど大切なものは入れない。

現地のお土産屋さんで$8で購入。

 

5.折りたたんで小さくなるボストンバック

なくてもいいけど荷物が増えてしまったときや引っ越しの時にあると便利で、荷物が多い人はあったらいいかなー程度。

普段は折りたたんでいられるのでかさばらないし、部屋に収納があまりないなら収納としても使える。

移動時はスーツケースに乗せて、スーツケースの取っ手にバッグをつけられるので移動も楽。

キャリーオンバッグ を楽天市場で確認する

 

6.スーツケース用ポーチセット

スーツケースの中がすっきりするし、渡航後は部屋にそのまま置けば収納になるので収納用品を現地調達する必要なし。

3年目にして買い足したけど、すごく便利だからカバンの中やお部屋を整理整頓したい派に凄くおすすめ。

旅行収納ポーチ6点セット を楽天市場で確認する

 

7.貴重品用ポーチと貴重品用ファイル

オレンジのポーチには、クレジットカードや銀行などのカード類、パスポート、USB、チケット、現金など貴重品をまとめて保管。

コインとか混ざるとぱっと見で分からなくなるので、複数の国の現金を持っている時は透明の袋(100均)に分けて入れておくと便利。

ファイルにはビザのコピーや大事なメモなど保管。

マルチケース を楽天市場で確認する

 

8.SIMフリー iphone8

携帯はパソコンよりも大事。

SIMフリーのスマホかiphoneを購入すればどこでも使えて便利。

 

9.パソコン

日本でパソコンを使っている人には必須。

私のパソコンは大きめの画面を選んだ結果ダイナブックになったけど、大きいのは持ち運びに不便だからもし新しく買うならサイズも重量も小さめのものを買う。

 

10.日本のイヤフォン

安くていいものが買えるのは日本だけど、何でもいいなら現地のお店で調達でも良しし少々高くてもいいならSONYのものも買える。

わたしはiphone用のイヤフォン、パソコン用のイヤフォン、そしてワイヤレスイヤフォンの3つ持ち。(笑)

 

11.変換プラグ2つ

日本の電化製品のコンセントと海外のコンセントは形が違うので、日本製品(パソコン、ドライヤー、デジカメの充電器とか)を使うには変換プラグが必須。

ドライヤー使いつつパソコン充電したりしたい人や、電化製品数が多い人は2つあったほうが絶対に便利。

※変換プラグは変圧器ではないので日本製品を買うときは海外対応のものを買おう。

旅行者向け海外用変換プラグ(Oタイプ) を楽天市場で確認する

【累計販売14,000個突破】 USB2ポート付 変換プラグ を楽天市場で確認する

 

12.USB充電プラグ 2、3個

いちいち変換プラグに日本のUSB充電プラグをさして使うのは面倒なので、現地で現地の形のプラグを買った方が便利だし充電するものが多い人はコードを2本させるものや複数購入しておくといい。

写真は左の黒が日本のもの、右の白がオーストラリア・ニュージーランドのもの。

 

13.海外対応ヘアドライヤー

現地調達した安いドライヤーでガサガサに乾かされてた髪の毛が、日本のヘアドライヤーを使ったらさらさらに乾いたからもう手放せない。

髪の毛強い人なら気にならないと思うけどわたしは軟毛のねこっけだから必需品。

重量的にもコンパクトサイズがおすすめ。

コイズミ タイニー を楽天市場で確認する

 

14.南京錠

バッパーのロッカーやバッグに鍵つけて貴重品を保管する用。

ロッカーはあっても鍵のないバッパーがあるから旅行予定があるなら必須。

鍵だと失くすからダイヤル式。(前に鍵失くして開けられなくなって銀の部分のこぎりで切った。(笑))

南京錠 3桁ダイヤルロック を楽天市場で確認する

 

15.速乾タオル

主に旅行用で、普段は現地調達したバスタオルを利用。

タオルにぶら下げる用の紐がついているとバスルームや部屋で干すのに超絶便利!というより紐がないやつは買う意味ないとすら思う。

乾燥機に入れると変なにおいがするようになるので要注意。(経験済み)

速乾 スポーツタオル を楽天市場で確認する

 

16.文具

日本の文具はやはり品質がいいから勉強するなら最低限はあった方がいいし、書いて消せるボールペンやハイライターは便利。

こだわりのない人は現地購入でもいい。

 

17.日本語の英語本

日本語版を現地で手に入れることは難しいし、初めてのワーホリなら日本語で書かれた英語の勉強本は必要だと思う。

ぶっちゃけ勉強しに来ているのに勉強本持って来てない人がたまにいるが何しに来てるのか疑問。

最強!初心者が英語の勉強で使ったおすすめの学習本を全部紹介する。

 

18.日本の薬

海外で病気になったときに現地で現地の薬を探すのは億劫だし、病気のときに海外の薬についてぐぐる元気なんてないよ。

頭痛薬、風邪薬、胃薬はあると使わなかったとしても安心。

 

19.日本の酔い止め薬”トラベルミン”

乗り物にめっぽう弱いので、乗車30分前に飲めば狂ったように爆睡できるトラベルミン最高。

わたしは何度も飛行機やバスに乗って長距離移動しているけど、車酔いだけでなく閉所恐怖症なのでこれがないと長距離移動は無理。

飛行機の友。

 

20.日焼け、ビタミン系のサプリメント

1年目のオーストラリアで無茶な日焼けの仕方をした結果日焼けした肌が白く戻らなくなった。

栄養の偏りと紫外線が肌を荒れさすのでビタミン系サプリメントでせめてもの抵抗してる。

サプリメントはスーツケースの中で場所とるからよっぽどお気に入りでない限り現地調達でいいと思う。

 

21.1カ月分の生理用品

最初の1カ月分はあった方がすぐに買いに行かなくていいのと、1カ月もいれば慣れてくるのでそれ以降の分は現地調達で十分。

海外製品は良くないと買いている人もいるがわたしは全く気にならない。

ケンコーコム を楽天市場で確認する

 

22.PC用メガネ

普通の眼鏡より疲れづらくなった、最高、パソコン利用時間が長いなら購入価値は十分あり。

 

23.普通の眼鏡

わたしは目が悪いので、眼鏡は大切でスペアも持ってる。

ゾフだと2本目以降は安くなるのでおすすめ。

 

24.コンタクトレンズ

現地で買うより日本で買う方が安いし種類も豊富だから何ヶ月分かまとめて購入。

現地到達ならネット通販がおすすめ。

激安コンタクトレンズ通販ティアラ

25.サングラス

海や旅行の時のみでなく日常から紫外線対策大事だから、ただのファッションのためのようなものではなくちゃんとしたものを1つ持っておいた方が良いと思う。

こちらもZoffで購入。

 

長くなってしまったので、ワーホリ3年目でも使ってる手放せない持ち物リスト【パート2】に続きます。

-ワーキングホリデー, 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.