ワーキングホリデー 恋愛・思考 海外記録

外国人彼氏と遠距離中に気をつけた7つのこと

投稿日:2018年7月30日 更新日:

わたしは一時帰国中の約3ヶ月間彼氏と遠距離恋愛でした。

 

彼氏 in ニュージーランド

わたし in 日本

 

結構テキトーなのですぐ帰ってくるねと言ってニュージーランドを離れてから3ヶ月間帰って来ませんでした。笑

2年ぶりの帰国だったのであれもこれもとしていたらあっという間に3ヶ月間たってしまいました。

過去に日本人の彼氏と遠距離していて即破局した経験から、今回は気をつけていたことがあります。

 




外国人彼氏と遠距離中に気をつけたこと

1.不安になりすぎない

離れているので不安になることはありますが、不安になりすぎないようにしていました。

例えば、微妙なタイミングで返信がこなくなったら気になりますよね。

いつも返信をくれていたならなおさら気になります。

 

でも、もしかしたら早く寝たのかもしれないし、返信をした気になってるのかもしれないし、忙しいのかもしれません。

なんで?まさかうわき?!わたしのことなんだと思ってるの?!って取り乱す気持ちを抑えます。

人間、忙しいと返信は遅くなるものです。

不安になることほどマイナスに働くものはない。

 

 

2.彼を疑わない

返事の来ない時は特に、取り乱しそうになりますがまずは彼のことを信じます。

ここで信じられない相手とは長く続かない気がします。

全面的に彼を信じてる。

 

 

3.自分から連絡しすぎない

会いたい気持ちが募るとついつい連絡頻度が増えてしまって、返信が来てないのにまた連絡しそうにすらなります。

ここでグッと抑えます。

 

自分が忙しい時にどんどんメールを送られても正直しんどいので、彼の場合も連絡を控えてました。

あと、連絡しなければ返事を待つストレスを感じることもないです。

3日くらい自分から連絡しないのもざらでした。笑

 

 

4.寂しかったらおやすみだけ送る

我慢できなかったらおやすみだけ送ります。笑

特に会話してなくても1日一言だけ。

わたし:Good night 🙂

彼:Good night, Sleep well

この一言見て満足する。笑

 

 

5.電話は彼が寝る時間の2時間前

時差があるので、時差を考えないと夜中に電話してしまいそうになります。

時差の計算は大事です。

 

彼の仕事、家事が終わってゆっくりできる時間帯を見計らって電話します。

彼の仕事中や寝てる時間帯は避けて、彼の生活リズムに合わせてなるべく連絡を取ります。

だいたい週に1.2回電話して1時間くらい話してました。

 

 

6.彼の生活リズムを把握する

全て把握する必要はありませんが、出勤退勤時間、出かける曜日、時間帯をおおよそ把握しておきます。

そしてそれを邪魔しないようにします。

 

把握しておくことで彼の迷惑にならない時間帯を選べるし、なんで今連絡返って来ないの?!なんてやっきになることがなくなります。

彼もわたしの予定を邪魔してくることはないです。

 

 

7.泣かない

泣く女はめんどくさい。特に電話。笑

涙は武器じゃない。

-ワーキングホリデー, 恋愛・思考, 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.