ワーキングホリデー 恋愛・思考 海外記録

【ワーホリ】女性が「避妊」を意識すること

投稿日:2018年8月3日 更新日:

短くも長いワーホリ生活の間に、すてきな男性に出会って、付き合ったり関係を持つ人もいると思います。

中には「一夜限り」で楽しむ人もいると思いますが、遊びのはずが「妊娠」して状況が一変してしまった…なんて人もいます。

日本にいても、海外にいても、女性にとって「避妊すること」ってとても大事。

「一夜限り」って本当に一夜で終わるの?

「一夜限り」って本当に一夜で終わるのかな…というのも、ワーホリ中に海外で妊娠してしまい、その後の滞在を諦めて帰国している人たちも少なからずいるからです。

もちろん「妊娠」すること自体に何も悪いことはないし、喜ばしいことだと思うのですが、現実的に考えて、ワーホリ中に妊娠するってかなり焦ると思います。

日本にいれば比較的簡単に病院へも行けますが、ワーホリ先だと言語やお金のことも考えないといけないし、「そもそもこれからどうするの?」って考えないといけないことが山積みですよね。

一夜限りの関係を楽しむのは個人の自由ですが、もしも「妊娠」したら、それって一夜限りで終わらないと思うんです。

責任はどちらにもあると言っても、体に変化が起きるのも、その後の人生が大きく変わるのも、逃げられないのも女性。

どんなに羽目を外すんでも線引きは大切なのでは…と思います。

「避妊」は男性サイドだけの話ではない?

わたし個人の意見ですが、世の中にはコンドームの必要性やリスクを理解していない男性がごろごろいて、それと同じくリスクを軽視している女性も少なくないのではないかと思います。

いつ妊娠するかも、いつ妊娠させるかも、病気をもらうかも、病気を広めるかも、分からないです。

「たった1回で妊娠するとは限らない」「好きだから相手に強く言えない」「たまたま用意がなかっただけ」そうやって安易に考えているのは危険すぎるかも。

責任はどちらにあるかと言われても、レイプなどを除いて、私は正直どちらにも責任があると思っています。

昔は避妊は男性側の問題だと思ってたのですが、オーストラリアでピルを飲むようになって、自分自身で「避妊できること」「自分を守れること」を体感してからは、考え方が変わってきました。

「男性がコンドームを付けないから悪い」「男性がコンドームを用意してこなかったから悪い」ではなく、女性も意識を強くもつ必要があるのだと思います。

そもそも妊娠は「自分の体に起きること」で、「その後の自分の人生を大きく変えることになる」のに、男性だよりにしているのは危なくない…?

わたしは別にピルの普及率を上げようとしているわけでも医者でもないので、ピルを飲むことだけが手段だとは思っていなくて、女性がコンドームを持ち歩くようにするとかでもいいと思っています。

「これ使って」って手渡せれば用意がなかったなんて言い訳も通用しないはず。

ちなみにピルは避妊方法の1つですが、コンドームなしだと病気が移る可能性は大いにあるので、ピルを飲んでいてもつけた方がいいと思います。

もしもピルを購入するには?

ピルを服用する理由も効果も様々ですが、その中の1つが避妊です。

オーストラリアとニュージーランドでは日本同様医師の診察が必要になるので、購入するには病院で診察を受ける必要があります。

海外保険が利用できるか、いくらかかるのか、受診方法は、、などオーストラリアでピルを購入したい人向けに実際の購入方法を別記事にまとめてます。

【オーストラリアは日本よりもピルが安い!】病院の診察、購入方法、海外保険の利用方法【英単語付き】

ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在中、低用量ピルの服用を始めました。 購入に必要な費用や、病院と薬局での手順をまとめています。 低用量ピルとは? 低用量ピルは毎日決まった時間に1粒服用し、これを ...

続きを見る

「犯罪」はどこでも起きる

性犯罪は日本だけでなくどこの国でも起きる可能性があります。

実際にオーストラリアで車に連れ込まれそうになった話も聞いたことがあって、こういう話は表立たないだけで本当は結構な数が起きてるのではないかなと思います。

こういう犯罪があること自体許せないけど、起こる可能性があるなら普段からあらゆる面で対策しておく必要はあると思います。

もしも避妊に失敗したら

気を付けていても避妊に失敗することはあります。

その場合「アフターモーニングピル」を飲むという選択肢もあります。

日本では病院に行かないと処方してもらえませんが、オーストラリアとニュージーランドでは医師の診断がなくても薬局で購入する事ができます。

緊急を要することなので薬局で購入することができた方がいいと思うのですが、日本では許可されていないんですよね。

もしものときのために実際の購入方法や値段を別記事にまとめてます。

【オーストラリア・ニュージーランド】アフターピルの購入方法【英会話付き】

避妊に失敗してしまったとき、そのまま次の生理がくるまで待つのは不安で気が気でありません。 待つのではなく、避妊しないようにモーニングアフターピルを飲むという選択肢もあります。 オーストラリア滞在中何が ...

続きを見る

女性が「避妊」を意識することまとめ

ワーホリ生活は基本的に楽しむだけ楽しんだものがちだと思っているのですが、自由がきく分羽目を外しすぎたり、最初は緊張感があったのに気が緩んでくることもあると思います。

何故わざわざこんなことを書いたのかというと、やはりワーホリ中に、予期せぬ妊娠が発覚して困っている人や、今後の計画を変えなくてはいけなくなっている人たちを見たからです。

それは日本人だけでなく、他の国の人たちもいました。

「ワーホリ後に旅してまわる予定だったけど妊娠したので帰国することにした」と言っていたドイツ人の女の子は今頃出産も終え子育てしている頃かななんて思うときがあります。

もちろんその変化を受け入れられる人もいれば受け入れられない人もいて、それぞれだと思いますが、恋人関係でない相手と関係を持つときやまだ期間が短い相手とは気をつけた方がいいのではないかな~と思います。

現場からは以上です。

海外にいる日本人女子はやりまくりのビッチなのか

誰もが一度は聞いたことがあるかもしれない「日本人女子はすぐやれる」という話。 実際のところ遊んでいる人もいればそうでない人もいるので、実際に数でどちらが多いのかは分からないのですが、ちまたで噂が流れて ...

続きを見る

【海外】出会い系アプリTinderで外国人男性に出会ってみた

ワーキングホリデービザでオーストラリアとニュージーランドに滞在中、出会い系アプリとして海外でも日本でも有名な「Tinder」を使って外国人男性に出会ってみました。 Tinderとは 出会い系アプリで、 ...

続きを見る

-ワーキングホリデー, 恋愛・思考, 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.