オーストラリア ニュージーランド ワーキングホリデー 旅行 海外記録 英語学習

英語がわからないまま入国審査に挑む前に準備しておくこと【海外の空港を突破する】

投稿日:2018年8月11日 更新日:

海外の空港の入国審査は国によっても厳しいため一概には言えませんが、あまり英語がしゃべれなくてもすんなり通れる場合もあります。

(というか英語喋れない人は世の中に沢山いるので毎回引っかかってたら空港回らなくなるんじゃないかと思う。)

すんなり通れない場合で例をあげると、「不信な荷物を疑われる 」「ビザの確認 」「入国カードの記入漏れ」 など何かしらに不備や不信点があると入国審査官からの質問が増えるので必然的に英語で対応しなければいけなくなります。

英語がある程度話せれば問題なくかわせると思いますが、そうでない場合はかなり時間がかかる場合もあるので「すんなり通れるように事前の準備をしておく」にこしたことはありません.

 




入国審査に必要な英会話の場面と解決策

 

入国前にじゅうぶんなだけ勉強しておくにこしたことはないですが、なかなかそうもいきませんよね。

もしも英語が苦手な人はとにかく「疑われることなくすんなり入国できる」ことを最優先に準備しておきましょう。

 

機内で渡される入国カードの記入

入国カードは英語版と日本語版があって、飛行機の中でわたされますが空港内の入国カード記入ブースでも手に入れることができます。

英語版」の場合は質問になんて書いてあるか分からないかもしれないので、空港に貼ってある日本語訳のポスターを見ながら記入するかアプリで翻訳して確認しながら書きましょう。

翻訳を見ればそんなに難しくないと思いますが、この入国カードの記入漏れがバレると罰金もあるので分かった振りせずしっかりと記入しましょう。

 

予防策

渡航前にネットで「入国カード 記入」で調べると情報が出てくるので、書き方を確認しておきましょう。

空港ですぐにWiFiが入るとも限らないのでデータ通信なしで使える英単語辞書のアプリをダウンロードしておく。(この辞書は渡航後も割と使えます。)

 

 

入国審査官

最近は大きく分けて「2通りの入国審査方法」があるので先に載せておきます。

 

1つ目は、「E passport」という全て機械で済む入国することができる方法です。

空港内でe passportと書かれたブースへ行きパスポートを専用の機械で読み取ります。

カードがでてくるので受け取り、カメラのあるブースに行き指示通り写真を撮られます。

ここまでで問題がなければ終わりです!超絶簡単です!

この場合は英語が分からなくても成り行きに任せていればなんとかなります。(笑)

ちなみにオーストラリアはこのe passportが導入されていましたがニュージーランドは導入されておらず、次で説明する従来の方法でした。

 

2つ目は、「入国審査官」に確認される方法です。

入国審査ブースで列に並び順番が来るまで待ちます。

自分の順番が来たら入国審査官にパスポート、ビザ、航空券などの必要書類を見せてパスポートに入国のハンコをもらいます。

普通だとそんなに質問されることもなく5分もかからずすんなり通れますが、ビザ無しの渡航や高頻度で出入国を繰り返してるとここでの質問が多くなる可能性が高いです。

実際にわたしはニュージーランドの入国審査で20分程度話しました。

その時の記事⇒空港の手続き攻略!ニュージーランドにビザ無しで入国するときにされた全質問と下準備

 

予防策

証拠書類(パスポート、ビザのコピー、語学学校の入学許可書、出国航空券のコピーなど)を必ず用意しすぐに見せられるようにしておきましょう。

審査官によって違うので確認されないこともありますが、用意しておいて損はないです。

そもそもビザ無し再入国よりビザありの方が話がスムーズなのでビザを取るのもありですが、ビザなしの場合はしっかりと準備しておきましょう。

参考記事⇒ニュージーランドにビザ無しで入国・再入国するときに必要な条件5点と注意点

ニュージーランドにビザ無しで入国するためにした6つの事前準備

 

 

税関

入国カードに自分で記入した情報を元に荷物チェックがあります。

あやしまれるとスーツケースを開けて確認されますが、あやしくなければX-RAYを通すだけですんなり通れます。

何を持ってきたか?」「入国カードの質問の意味は全て理解してるか?」など聞かれます。

わたしの場合食品を持ち込んでいたので、「どういう食品を持ち込んでるか」聞かれました。

よっぽど怪しくない限り問い詰められませんが、「薬なら何のための薬か(painkillerとか)」や「食品ならどういった食品か」などは言えるようにしておきましょう。

 

予防策

入国前に、「その国に持ち込めないもの」を必ず確認しておきましょう。

国ごとに持ち込めない荷物が定められているので公式情報を確認しましょう。

ニュージーランド 入国・税関・検疫・持ち込み

オーストラリア 検疫 

 

 

通常だとここまで通れればあとは荷物を持って出口へ行くだけです。夢の海外生活の開始です!

ここからは税関で怪しまれたときに起こりうることなので、全ての人に起こるとは限りませんが一応載せておきます。

実体験:税関(別部屋・通路)パターン1

ここは税関の荷物チェックであやしまれた人が行かされる別部屋です。

オーストラリアでここに行かされたわたしは麻薬犬にスーツケースの匂いを嗅がれましたが、そういった類のものは一切持っていなかったので通れました。

警備員の顔が厳しくてとても怖かったです。笑

麻薬犬に嗅がれない場合もありますが別室に連れてかれて持ち物に関する詳しい質疑応答があります。

これは英語が喋れないとかなりきついと思うので先ほど述べた通り「変なものや禁止されているものは持ち込まない」ようにしましょう!

 

実体験:税関(別部屋・通路)パターン2

ここは入国管理官にからスタンプをもらったものの怪しかったので税関にも再検査される場所です。(笑)

入国審査官と数十分話した上にここでも同じくらいの時間もう少し詳しく話しました。

質問は、「渡航目的」「滞在予定の場所」「友達について」が主でしたが詳しく機関や場所を聞かれました。

多分ここで怪しいと思われたらアウトなので頑張って話すしかないです。

これは英語が喋れないとかなりきついと思うのでビザなし渡航の前は入念に準備しておきましょう!

詳しくはその時のことをまとめた記事⇒空港の手続き攻略!ニュージーランドにビザ無しで入国するときにされた全質問と下準備

 




入国審査に必要な英会話を身につけておく

これができていて、上記で述べたようにビザや荷物に関しても問題ないように準備をしておけばなお良いです。

(何故他の準備を先に書いて肝心の英会話の勉強のことをあとに書くのかというと、多分ほとんどの人は英会話の前準備をせず挑むと思うのでその場合に必要になることを先に書いておきました。)

 

この英会話の準備は文書を見て覚えるのではなく、音声CDやビデオを利用して勉強していた方が本番で役に立ちます。

と、いうことでこのブログ内に文章で英会話文は載せませんので、そのかわりおすすめの動画を紹介します。

 

「バイリンガール英会話」で有名なチカさんの入国審査で使える英会話動画です。

ちかさんの動画は他のものも見てるのですが、どれも分かりやすく初心者でもわかるように話してくれているのでとても参考になります。

分かりやすいように設定画面で字幕ONにしてみてくださいね!

他にも何本か紹介しようと思っていたのですが、このチカさんの動画が分かりやすいので1本だけにしました。

もしもっといろんな人の動画が見たい場合は「入国 英語」みたいな感じでYOUTUBEで検索すれば沢山出てきますよ。

-オーストラリア, ニュージーランド, ワーキングホリデー, 旅行, 海外記録, 英語学習

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.