オーストラリア ニュージーランド ワーキングホリデー 海外記録 英語学習

海外の図書館で勉強する6つのメリットに今更気づいた

投稿日:

今更なんですが最近になって図書館のすばらしさを感じています。

日本にいたころは図書館で勉強や作業するなんてまずなかったですが、オーストラリア、ニュージーランドでは利用しています。




海外の図書館を利用する6つのメリット

全て無料

フリーWIFIと電源がとれるのでパソコンとスマホを使った作業にも向いてます。

市内の図書館は結構広めなので席数が多く、電源プラグをさすソケットもかなりの数用意されているのは本当にありがたいです。

日本の図書館よりも使い勝手が良いように思えます。

パソコンがなくてもフリーでパソコンをかりることができるので急な作業にも対応できます。

 

作業場で言うと、おしゃんにカフェで勉強もいいと思いますが毎回していられないと思います。

カフェってコーヒーだけでも$5くらいするし、たった$5のコーヒーだけで長時間居座るのは申し訳なくてちょこちょこ買い足したら平気で1回$10くらいします。

フリーWIFIあり、混まない、電源とれる(パソコン用)カフェってなかなかないですし、たまの息抜きには使いますがガチで勉強したり作業したりには利用しないです。

 

周りに影響される

周りに影響されないとできないなんてだめだと言われそうですが、人間そんなに集中力ってもたないです。

わたしも家だと集中できなくて行き始めたのがきっかけでした。

こっちの図書館ってほんとにたくさんの学生さんたちが黙々と勉強しています。

何時間も勉強している姿を見ると嫌でも刺激を受けますし、もっと頑張らなきゃって思えます。

 

水とトイレは用意されている

水は図書館にもよるかもしれませんが市内の図書館なら基本的に水飲み場が設置されてると思います。

Myボトルがなくても水が飲めるのは節約にもなりますし、コーヒーに$5払う必要もないし、ありがたいですね。

(って言ってる自分は利用したことはないです(笑))

 

こっちに来て何が不便って街中にトイレが全然ないんですよね。

お店でもトイレだけ借りるのなんてかりづらいし、、その点図書館ならトイレが整備されているので長時間滞在も苦ではないです。

 

営業時間が長い

これは小さな町の図書館だと難しいですが市内の図書館は営業時間が長いです。

ニュージーランドのオークランドの図書館なんて平日8時まであいてます。

学校が終わった後に勉強したり、買い物の後に勉強したり、シティの中心にあるのでかなり使い勝手はいいです。

 

必要な書類をすぐにコピーできる

日本のようにコンビニでコピーをとることはできないので、大抵の人は図書館や学校などコピー機のあるところに行かないといけません。

たまに留学エージェントでやってくれたりもしますが多分図書館でやる方が安いと思います。

例えば図書館で履歴書を作ったらそのまま必要なだけコピーできます。

 

洋書が無料で読める

当たり前ですが英語で書かれた本が所せましと並んでいます。

単語帳と向き合うのに疲れたら、自分の好きそうなジャンルの本をパラパラ見てみるのも楽しいです。

ファッションや、料理。好きなことなら頭に入ってきやすいです。

-オーストラリア, ニュージーランド, ワーキングホリデー, 海外記録, 英語学習

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.