ワーキングホリデー 英語学習

【日本で英会話の勉強する方法】Englishカフェ「Michey House」を紹介【外国人の友達作り】

投稿日:2018年8月11日 更新日:

日本で英語(またはフランス語やイタリア語などその他の言語)を勉強している皆様、「Englishカフェ」を知っていますか?

都内でも何店舗かあるみたいなのですが、英会話のインプットアウトプットをしたい人にはかなり良い内容だと思うので紹介したいと思います。

わたしが今回紹介する「ミッキーハウス」はわたしが海外へ行く前に実際に通っていたお店です。

ちなみに今回ブログに載せていいか店長に聞いたら、変なこと書かなければ大丈夫と言われたので変なことは書かないように頑張ります。

 

English Cafe / イングリッシュカフェ

 

English Cafeは日本に住んでいる海外の方たちと日本人が交流できる場です。

英会話教室のように勉強するというよりは、雑談をして楽しみながら日常会話を学ぶ感じです。

イングリッシュカフェと一言で言っても、お店によってシステムは違うため、チケット制や時間制限制やドリンク代がかかるかからないなど細かく違ってきます。

 

日本で英会話の勉強となると、「英会話教室」「オンライン英会話」「学習アプリ」などが思い浮かびますが、「Englishカフェ」という存在も今後は更に広まっていってほしいと考えてます。

わたしがなぜミッキーハウスを選んだのかというと一番コスパが良かったからです。(笑)




Michey House

言語喫茶ミッキーハウス」は東京・高田馬場に約30年以上の歴史を持つ老舗英会話カフェです。

外国人もお客さんとして集まりみんなでわいわいしながら言語を勉強できます。

ちょっと見づらい公式ホームページはこちら⇒ミッキーハウス

 

【行き方】

・JR山手線・西武新宿線
 高田馬場駅早稲田口より徒歩4分
・東京メトロ東西線
 高田馬場駅6番出口より徒歩10秒

【住所】東京都新宿区高田馬場2-14-4 八城ビル4F
【電話】 03-3209-9686

 

Michey Houseの特徴

先生というよりも友達感覚で英会話を学べる

 

英会話教室でもオンライン英会話でもないので、テキストも決められたテーマもありません。

好きなようにしたい話を英語で会話することができます。

日本人は教科書を使った勉強は比較的得意ですが圧倒的に会話力がありません。

ワーホリや観光、学生ビザで海外に渡航したら必要になってくるのは「日常で使える英語力」です。

基礎もものすごく大事ですが「会話」の練習を話せないと一生喋れませんし、その会話の練習をできるのがミッキーハウスです。

 

海外から来た人たちも多分先生という気持ちで過ごしてはないと思います。(笑)

ミッキーハウスで仲良くなって一緒に外出したり、海外で再会したり、そんな素敵なこともできます。

英会話教室やオンライン英会話にはそれぞれメリットがありますが、リアルで友達になることはまずないと思います。

 

 

英語と10種類以上の言語に対応

 

基本的にイングリッシュカフェは英語のみになりますが、ミッキーでは10種類以上の多言語に対応しています。

わたしが通っていた時は、英語ではなくスペイン語やスウェーデン語を勉強している人達もいました。

言語テーブルは日替わりなのでスケジュールを確認してね!

 

英語を話すグループでもネイティブ非ネイティブの人たちがいるので、いろいろな国のアクセントに慣れることができます。

わたしはミッキーに3カ月通ってからオーストラリアにわたったんですが、アクセントを聞き分けるのが割と他の日本人の子たちよりも得意だと思います。(まったくアクセントやなまりが分からない人もいます)

多分これはネイティブ英語だけに偏らずミッキーで色々な国のアクセントでリスニングしていたからだと思います。

 

 

毎週金曜日は国際交流パーティー

毎週金曜日は国際交流パーティーでお酒を飲みながら楽しめます。

どうせ日本人だけじゃないか?なんて心配は秒で吹き飛ぶくらい海外の人たちが参加しています。(笑)

お酒好きは万国共通です。

お酒の力ってすごくて、普段紅茶片手だとシャイでうまく話せない英語が、お酒片手だとすらすらでてくる現象が起きます。

日本人は英語を話すことに対する苦手意識が潜在的にものすごく強いのですが、お酒を飲むことで気持ちがリラックスして失敗に恐れず話せるようになります。

 

これは余談ですが、日本人の飲むノリと、外国人の飲むときのノリは割と違います。(笑)

こういうノリを知らないと渡航してから「あれ?ナニコレついていけないかも」って戸惑うこともあると思うので、ワーホリ前に参加しておくと雰囲気がつかめるのでかなりおすすめです。

 

 

【料金】良心的な価格設定

【一般】1900円

【学生】1500円

時間制限なし・コーヒーと紅茶は飲み放題

※金曜夜は毎週国際交流パーティーの別途料金がかかります。

 

[su_box title="昼・夜参加したい人は回数券を使えばお得です" box_color="#edb3ae" title_color="#011f12"]

【一般回数券】15000円

【学生回数券】12000円

有効期限3カ月(約1週間に1回参加すれば使いきれます)

[/su_box]

[su_box title="夜のみ参加したい人は夜パスがお得です" box_color="#edb3ae" title_color="#011f12"]

【毎日夜パス】17000円

【学生パス】15000円

有効期限31日間(全日利用で1回約500円)

[/su_box]

[su_box title="昼のみ参加したい人は昼パスがお得です" box_color="#edb3ae" title_color="#011f12"]

【月金(平日)昼パス】12000円

【毎日昼パス】16000円

祝日も利用可。有効期限31日間(全日利用で1回770円)

[/su_box]

[su_box title="もう少し安くしたい人向けのパスもあります" box_color="#edb3ae" title_color="#011f12"]

【月木夜パス】10000円

【金土日パス】10000円

祝日も利用可。有効期限31日間(全日利用で1回600円~770円)

[/su_box]

↑値段のみ抜粋して書いております。

もう少し細かい料金内容については公式サイト「回数券・月間パスについて」のページをご確認ください。

ちなみにわたしは【毎日夜パス】を3カ月間利用していました。




わたしがMichey Houseに3カ月間通って得た成果

英会話教室」「オンライン英会話」「学習アプリ」は英語学習にフォーカスされているので、無駄ではないですがそれぞれメリット・デメリットがあるので自分の状況によって使い分ける必要があります。

 

ミッキーに通う前はフィリピンで語学留学していたので基礎はできていましたが、いろいろな国の人たちの話し方には全然慣れていなかったしワーホリを前にして「会話」は大きな課題のひとつでした。

フィリピンで学ぶことができるまたは慣れることができるのは主に「基礎」と「アジアなまり(アメリカ)の英語」です。

 

ワーホリではネイティブ以外の人たちとも会話するので非ネイティブの人たちの喋りを理解することは必要不可欠です。

そんな中で何よりも会話の練習ができると思ったのは英会話カフェで、わたしはミッキーハウスに3カ月通ったことで格段にリスニングが上がったと思います。

 

何故そう自信を持って言えるかというと、、

実はミッキー初日にわたしはかなり落ち込みました。

それなりに自信があったのですがたまたま隣に座ったヨーロピアンの男性が何言ってるかさっぱりわからなかったからです。

彼はかなり喋るペースが早く、ぺらぺらしゃべってるのでわたしは終始「」が飛んでいました。

3カ月通って彼と話したとき、彼の言っていることがほぼほぼ理解できたのは割と感動もんでした。

 

日本にいると英会話の勉強や外国人の友達をつくることは難しく見えますが、実は自分が行動するだけで状況はかなり変わります。

ぜひ試しに行ってみてくださいね!

-ワーキングホリデー, 英語学習

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.