ワーキングホリデー 海外記録 留学エージェント

無料・有料留学エージェントの違いとサポート内容【初めてのワーキングホリデー】

投稿日:2018年8月13日 更新日:

有料留学エージェントと無料留学エージェントの違い

 

サポート内容の違い

留学エージェントには大きく分けて「有料」と「無料」のものがあります。

わたしはどちらも利用したことがあるのですが、正直なことを言うとどちらもサポート内容はさほど変わりませんでした。

昔は有料留学エージェントだと現地オフィスがあり有料だからこその手厚いサービスを売りにしていましたが、現在は無料留学エージェントも同じように現地オフィスをおき、様々なサポート内容を展開しています。

基本的なサポート内容は「語学学校入学手続きの代行」と「ビザ申請の代行」で、留学エージェントによっては「追加のサポート」があります。

追加サポートの代表的なところで言えば、海外保険加入の代行や現地での留学相談サポートなどです。

詳しいサポート内容についてはこの記事の次の欄にまとめてあります。

 

 

料金の違い

ここでは有料・無料エージェントを比較するために3社を例としてあげてみます。

※価格は例なので詳しくは留学エージェントによって変わります。

【基本的な留学サポート料金】語学学校入学手続き・ビザ申請代行

【その他追加サポート】海外保険加入申請代行、銀行開設、SIMカード購入など

 

◇有料留学エージェントA

【基本的な留学サポート料金】10万円

【ビザ申請代行】1万円

【その他追加サポート】無料

【現地オフィス】あり(国・シティによる)

◇無料留学エージェントB

【基本的な留学サポート料金】無料

【ビザ申請代行】無料(語学学校入学必須)

【その他追加サポート】無料

【現地オフィス】あり(国・シティによる)

◇無料留学エージェントC

【基本的な留学サポート料金】無料

【ビザ申請代行】無料(語学学校入学必須)

【その他追加サポート】有料(サポート内容により変動)

【現地オフィス】あり(国・シティによる)

 

留学エージェントを選ぶポイント

  1. 基本的な留学サポート料金が有料か無料か
  2. その他追加サポートが有料か無料か
  3. 現地オフィス

 

ABC3社の大きな違いは、

【基本的な留学サポート料金】が有料か

「【その他追加サポート】が有料か」です。

Aは有料ですがBとCは無料で同じ内容を行っています。

 

BとCの違いは、

【基本的な留学サポート料金】はどちらも無料

Bでは【その他追加サポート】を無料で行い、Cでは有料で行っている」ことです。

もしも語学学校入学の手続きとビザ申請代行以外に追加のサービスをお願いしたい場合は無料か有料かは見るべきポイントです。

 

ABC3社とも、

現地オフィス」を持っています。

現地オフィスを持っている留学エージェントは多いですが、基本的に大きなシティにオフィスを構えているので自分がオフィスのないシティに住んでしまうと現地オフィスのサポートを受けるのは必然的に難しくなります。

渡航後現地オフィスを利用したい場合は「自分の渡航予定のシティに現地オフィスを構えている留学エージェント」を利用しましょう。

 

留学エージェント選びで迷ったらどうする?

留学エージェントは数年前に比べて格段に増えているように思えます。

国によって数はばらつきがありますが、オーストラリアで言うとかなりの数の留学エージェントがあり選ぶのが難しいのが現状です。

留学エージェント オーストラリア」のような言葉で検索して画面の上の方に表示される留学エージェントが必ずしも自分に合っているとは限りません。

4社留学エージェントを利用したわたしからしても、エージェント選びはかなり労力を使いました。

 

留学したいけどどうすればいいか分からない」「留学エージェントを利用したいけど選びきれない」という悩みを抱えている人は⇒留学知恵袋2018の「ノープラン留学」を利用してみたの記事で紹介している「ノープラン留学」がおすすめです。

 

 

留学エージェントの代表的なサポート内容

留学エージェントによってサポート内容は変わってきます。

主に留学エージェントのサポート内容は「語学学校の契約」と「ビザ申請代行」です。

【語学学校の契約】をするときには、「ホームステイ・学生寮の手配、空港ピックアップの手配、代金支払いの代行」も含まれます。

【ビザ申請代行】はその留学エージェントを通して語学学校を契約することで無料でしてもらえる場合が多いですが、一部有料の留学エージェントもあります。

 

語学学校の契約

1.ホームステイ・学生寮手配

語学学校に通う場合大抵の人はホームステイまたは学生寮に滞在します。

語学学校は現地の一般家庭と提携しホームステイ先として生徒たちに案内しています。

滞在したい期間を指定し、語学学校との契約時に手配もお願いします。

【費用】ホームステイ・学生寮の滞在費(週割) / ホームステイ先アレンジ料金

 

2.空港ピックアップ手配

空港到着時に車で迎えに来てもらい、滞在先(ホームステイ・学生寮)まで送ってもらえるサービスです。

【費用】学校によって価格は変動

 

3.費用明細の発行・代金支払いの代行

語学学校契約時に支払う全ての費用を留学エージェントに日本円で振り込み、留学エージェントが現地語学学校に送金してくれます。

留学エージェントから費用明細がもらえるのでよく確認し支払いましょう。

 

 

ビザ申請代行

滞在するのに、学生ビザ・ワーキングホリデービザ・観光ビザが必要な場合に申請を代行してくれます。

ビザ申請はインターネットから英語で申請しなければいけないのですが、代行してもらう場合は留学エージェントに必要事項を日本語で伝えるだけなので簡単です。

 

4.費用明細の発行・代金支払いの代行

ビザ代金を留学エージェントに日本円で振り込み、留学エージェントが代わりに支払いしてくれます。

 

 

ここまでが主にどこの留学エージェントでもしてもらえるサポート内容です。

ここから先は留学エージェントによっては行っているサービスで代表的なものになります。

 

 

その他留学エージェント独自のサポート内容例

1.航空券の購入代行

渡航のための航空券購入の代行をしてもらえます。

 

2.保険の加入代行

もし留学エージェントが提携している海外保険会社がある場合申請を代行してもらえます。

 

3.携帯電話・SIMカードの手配

渡航前から現地で使える携帯電話やSIMカードを手配してくれます。

 

4.渡航前の英会話教室

渡航までの間無料で英会話教室へ参加できるサービスです。

 

5.仕事紹介

留学エージェントによっては仕事の紹介やインターンシップの紹介を行っているところもあります。

 

6.銀行開設サポート

初めて銀行を開設するのを手伝ってもらえます。

 

7.現地オリエンテーション

渡航先に着いてから現地留学エージェントオフィスで現地での生活情報についてオリエンテーションを行っている場合があります。

 

8.コピー機利用

現地留学エージェントでコピー機を利用できます。

 

 

どのサポートも「自分でも頑張ればできるけど、手伝ってもらえるなら楽かも、、」という感じで初めての留学や英語が苦手な人にはあると便利な内容になっています。

もしもこういったサポート内容を利用したいのであれば留学エージェントを利用することをおすすめします。

留学エージェントを利用するメリットと確認するべき5つのこと【初めてのワーキングホリデー】

自分で留学準備するなら⇒自分で海外の語学学校と契約し入学する方法【中・上級者向け】

-ワーキングホリデー, 海外記録, 留学エージェント

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.