オーストラリア ニュージーランド ワーキングホリデー 海外記録

バッパーに1年以上住んでるけど質問ある?

投稿日:2018年12月2日 更新日:

オーストラリアから始めたワーホリ生活。

オーストラリアからニュージーランドへ渡り、再度オーストラリアに戻ってきましたが、計1年以上バッパーで暮らしてます。

「バッパーに住んでるよ」と言うとびっくりされることが大半で、いろいろ聞かれたりどん引かれたりするので、バッパーで暮らすってどんなものなのかまとめてみました。

簡単に言うと質問に答えるのめんどくさくなったからまとめることにしたの。笑

バッパーに住むとは

さて、良く聞かれる質問を質疑応答形式?でまとめてみました。

他にも質問あったら、Twitterか何かで気軽に聞いて下さい。笑

ちなみに、バッパーで住みこみも昔していましたよ!

【オーストラリア】バッパー住み込み/仕事の詳細と探し方【ニュージーランド】

オーストラリアとニュージーランドにはバッパー(バックパッカーズホステル)と呼ばれる安宿が無数にアリ、住みこみで働くことができます。 バッパーの住みこみは、エクスチェンジワークなので、「家賃」というかた ...

続きを見る

バッパーに住んでいる人っているの?!

います。わたしです。笑

バッパーに長期滞在している人たちは「ロングステイ」と呼ばれていて意外と沢山います。

何でシェアハウスに住まないの?

  1. いい家探すのめんどくさい
  2. ミニマムステイの縛りがめんどくさい
  3. ボンド高すぎるだろうよ
  4. 嫌な住人いても簡単に引っ越せない
  5. シェアハウスのルールとか契約内容とかめんどくさい
  6. 掃除めんどくさい

基本的にめんどくさがりなんだろうなあ。笑

バッパーにはどんな人が住んでるの?

短期滞在の人たちは旅行者で、ロングステイの人たちは仕事をもっているワーホリのヨーロピアンや南米人たちが多い。

日本人ってあんまりバッパーに住まない・泊まらないと思う。

家賃は毎日支払ってるの?

わたしの場合、家賃は週払い。

毎週払うのがめんどくさい人は何週間分かまとめて支払っている人もいます。

家賃高くない?

バッパーには大抵「1週間のパッケージ価格(ウィークリー・レート)」が用意されていて、1週間滞在すると割引されるので、単純に1泊の値段×7日が家賃ではないです。

価格はというと、だいたい$150~$200くらいなので部屋割りを考えると高いけど、そこを気にする人はシェアハウスに住むんだと思う。

部屋割りは?

バッパーによって部屋割りはさまざまで、1人部屋~10人以上の大部屋まで。

人数が多い方が家賃は下がるので、ロングステイの人たちは大抵大部屋に住んでます。

今は6人部屋に住んでいるけど、前は8人部屋に住んでました。

バッパー汚くないの?

バッパーによるし、何よりもルームメイトによる。笑

クリーナーが毎日部屋の掃除はしてくれるから汚くはないけど、物が多いルームメイトがいるとそこらへんに誰かのものが落ちてることも。笑

お掃除の頻度は?

基本的に毎日クリーナーが各部屋掃除してくれて、シーツも週1で交換してくれる。

お掃除はバッパーによって徹底的にやってくれたりそうじゃなかったりするから、バッパーによるけどね。

お風呂混まないの?

それが何故か混まない。待ったことない。

どう考えても収容人数に比べてお風呂の数は少ないのに、誰かが使ってて待たないといけないっていう経験はしたことないです。

洗濯物はどうしてるの?

洗濯機と乾燥機が置いてあります。1回$3くらい。

ネットは使えるの?

無料WIFI最高。

バッパーによってWIFIの電波が悪かったり、有料だったりするから、無料で電波のいいバッパーに住むのが超絶おすすめ。

もの盗まれたりしないの?

多分あると思うけど、それはシェアハウスでも一緒。

わたしの友達はシェアハウスでも盗難や泥棒にあってるし、他人と暮らしている以上どこでもおきるんじゃないかな?

ロッカーはあるの?

ロッカーはあっても鍵ない場合が多いから南京錠が必須。

そもそも部屋にロッカーがないバッパーもあるから心配ならあらかじめ聞いた方がいいよ。

鍵はあるの?

受付が夜間閉まる場合は、入り口のドアに鍵やセキュリティーコード入力があったりする。

部屋のドアにも鍵あったりなかったりするよ。

危なくないの?

危ないか危なくないかで言えば危ないと思う。

一応鍵があったりセキュリティー面の対応はされていても、住人以外が入ってくることも可能だし、ルームメイトが変な人な可能性もゼロではないし。

一応言っておくと、ものを盗まれたって離しは聞いたことあるけどレイプされたって話は聞いたことない。

住所証明ってもらえるの?

発行してるところもあるよ!

フリースタッフってなに?

バッパーによっていらなくなった食材や服なんかの荷物を置いていける場所があるの。

フリースタッフは無料でもらえるからありがたい。

部屋でセッXスしている人がいるって本当?

本当。朝3時に目が覚めたら隣のベッドで繰り広げられてた。

あと、カップルでバッパーに住んでる人もいるから、それはあると思う。

他人同士が住んでてケンカとかないの?

基本的にみんな嫌いな人は避けるようにするし、ケンカする前に関わらないようにすると思う。

プライベートはあるの?

他人が部屋に住んでるんだから、そりゃあるわけないよ。笑

ロングステイの人たちがよくするのはベッドの周りに布でカーテンつけて中が見えないようにしてる。

これをすると、ベッドの上では他人の目が気にならなくなるという魔法。

迷惑な住人っていた?

基本的にみんなびっくりするくらいいい人だし、他人に干渉しないから同じ部屋にいても話さなかったり個々で生活してる感じがする。

夜中にお酒とマリファナでハイになってる人たちはイヤだったな。

わたしはあたったことないけど、くさい人が同じ部屋だとキツいっていうよくある話。笑

どうしてもイヤだったら相手に言うか、住む部屋を変えるのがベスト。

友達はできた?

沢山できた!日本人は基本的にいないから超英語環境。

特にニュージーランドでバッパーに住んでいたときは、ロングステイの人たちでご飯食べたり飲みに行ったり仲が良かったよ。

バッパーに住んでなかったらこんなに異文化交流することはなかったって断言できる。

バッパーに住むならあると役立つもの

最後にバッパーに長期で住むならあると便利なものをまとめておきます!

  1. ダイヤル式南京錠
  2. 速乾タオル
  3. S字フック
  4. ハンガー
  5. 大判の布・ストール

まずは、ダイヤル式南京錠はロッカーにかぎつけるために必須!

速乾タオルは早く乾くから旅行にも便利。

S字フックとハンガーは洋服をベッドにかけるのに便利だし、たくさんかければカーテンみたいになって中が見えなくなるよ。

大判の布・ストールと紐があれば即席カーテンが作れるよ。笑

ちなみに、バッパーを探すなら「Booking.com」が圧倒的に便利なのでおすすめです♪

-オーストラリア, ニュージーランド, ワーキングホリデー, 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.