恋愛・思考 海外記録

海外のバレンタインデーは男から渡すものなの?

投稿日:

愛の日バレンタイン。クラスに1人はバレンタインデー大好きな女の子っているよね。手作りお菓子をラッピングして友チョコだよって渡して周るヤツ。

 

わたしはというと、そういう女の子を、

サミー
うわ~気合い入りすぎ~

って冷ややかな目で見てるタイプでした。

根暗です。

市販のチョコレートを手作りだよって渡したこともあったなあ。

 

「バレンタインデー」にあまり興味がないので、好きな人がいてもいなくても、正直面倒くさいな~と思ってたかも…。職場の人にチョコレートを用意しておかないといけないみたいな雰囲気も好きじゃないのだ。

海外に出てからはそういう煩わさがなくていいなあと思う一方「あれ?海外のバレンタインデーってどんな感じだっけ?」と疑問になったので、海外のバレンタインデーとホワイトデーについてニュージーランド人の彼氏に聞いてみました。

「義理チョコ」って配るの?

冒頭で書いた義理チョコの話。日本では学校や職場で義理チョコを配る女の子も多いですよね。彼の経験上、義理チョコを配ったりはしないけど、男女関係なく「ハッピーバレンタイン!」って声をかけあうことはあるそう。

「be nice to people」なだけで、相手のことを特別に好きとか深い意味はなし。年末に周りの人に「メリークリスマス!ハッピーホリデー!」って声かけるのと同じ感じかな。

義理チョコとはちょっと違いますが、家族や親しい友人にギフトを贈る人もいるそう。彼は母親にお花を贈ってました。

そんな感じで、バレンタインデーはカップルだけの行事ではないのですが、恋人がいるのにバレンタインデーに何もしないのはありえないらしい…(笑)

バレンタインデーは超重要?お祝いしないのはありえない!

日本のバレンタインデーは、女の子が好きな男の子にチョコを渡して告白する日。でも「海外では男の子が女の子にプレゼント渡すんだよ」なんて話聞いたことないですか?

実際は男女どちらからか特に決まりはないけど、基本的に男性は恋人にプレゼントを渡すし、女性からも何かしらプレゼントしたり連絡したりするそう。

むしろ男女関わらず何もしないのはナンセンス!本当に好きなの?って疑う原因にも!!告白というよりもお互いの愛を確かめ合う日に近いかな。

「高いプレゼントを贈ることがメインではなく、小さくてもいいから相手のために何かしらしてあげることに意義がある」。プレゼントはなくてもせめてメールだけでも送ると彼も喜ぶはず♡

海外でも「バレンタインデーは男性から!」とは決めつけず、手紙を贈ったりメールをしたりしてお互いお祝いできるといいですよね。わたしはメールしなくて彼が拗ねてたので来年はちゃんとしようと思います。(笑)

「海外では男の子が女の子にプレゼントを渡す」と聞くと、日本は女性からなのに!外国人男性はロマンチックだ!とか言い出す人いると思うんですが、それはちょっと違うかなと思います。

日本だとクリスマスに恋人から何も連絡がなかったりディナーに行かなかったりプレゼントがなかったりしたら、ちょっと残念じゃないですか?日本でいうところのクリスマスが海外ではバレンタインにあたるみたいです。

なので、クリスマスに何か贈り物をしたりデートをセッティングしてる日本人男性は十分ロマンチック。

チョコよりも「赤いバラ」で愛を表現

バレンタインデーと言えば「チョコ」ですよね。手作りなのか市販なのかにこだわる人も少なくないかも。わたしは愛のこもった市販派。(笑)

海外だと愛の象徴「赤いバラ」を贈ることが多いみたい。赤いバラなら一輪でもインパクトがあるしきれいだからいいよね。

バレンタインデーのお花屋さんは超絶忙しいらしく、とにかく売り時なので花屋でなくてもバレンタインデーにはお花を売り出すお店も多いです。

さすがに近所のすし屋が花を売っているのを見たときはツッコミたくなったけどね。(笑)

実際シドニーの街中でも恋人からもらったであろうお花を持っている女性や、花束を両手に抱えて配達するお花屋さんを見かけました。中には、仕事中の彼女宛にオフィスにお花を贈る人も。

実はわたしも彼からいきなり職場にお花が届いたことがありまして。さすが外国人男性!だと思ったなあ。(笑)

「さすがに恥ずかしいので職場はやめてくれ!」と言っておいたので、バレンタインデーは家にチョコレートを贈ってくれていました。「日本はバレンタインデーになんでチョコなの?花以外を贈るのは初めてだよ」とちょっと困惑してたけど。(笑)

ところで「ホワイトデー」はあるの?

「バレンタインデーは海外でもあるけど、ホワイトデーはないらしい…」彼に聞いてみるとやっぱりホワイトデーの存在を知らないそう。

調べてみたら、ホワイトデーは日本のお菓子メーカーの戦略で作られた日本独特なイベント。大手お菓子メーカーたちが「バレンタインデーのお返しの日を作ったらどうか?」とそれぞれ始めたのがキッカケです。

個人的にはホワイトデーよりも、福岡の老舗菓子屋・石村萬盛堂が発案した「マシュマロデー」の方が可愛い気がする…!(調べてみてね)

日本では、食べ物ではなく装飾品や食事など「ホワイトデーにバレンタインデーよりも高額のプレゼントを用意する」ことも普通になってきてるのかなあなんて思ったり。

「戦略に踊らされ続ける日本人」。こういうのを見てると、本当に日本人ってイベントごとでわいわいしてお金費やすの好きだあと思う‥。ハロウィンとかね。

おっと!脱線したけど、海外ではホワイトデーという習慣がない分、バレンタインデーは男性からだけでなく女性からも恋人に何かしてあげるのがやっぱり良さそう!好きな人に何かしてもらって嬉しいのは性別関係ないしね♡

  • この記事を書いた人

Sammy

オーストラリア、ニュージーランド2カ国のワーキングホリデーと、フィリピン語学留学の経験を元に海外生活について書いています。

-恋愛・思考, 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2019 All Rights Reserved.