オーストラリア ワーキングホリデー 仕事 海外記録

【オーストラリア】仕事の探し方8選【ワーホリ】

投稿日:2018年6月26日 更新日:

オーストラリアで初めてワーホリする人向けに、オーストラリアで仕事を探す方法をまとめました。

仕事探しは、英語力や経験だけではなく住む街や時期によっても難しさが変わります。

そのため、確実に希望の職種に就くためには、1つの方法だけでなくいくつかの方法を平行して行うのがおすすめです。

基本的にオーストラリアは求人が沢山あるので、英語が苦手な人でも比較的仕事を見つけやすい国だと思います。

オーストラリアで日本人が確実に仕事を見つける方法8選

1.日本人向けの求人サイトを使う(日本語)

やはり日本人ならば1番最初に手をつけるのは「日本人向けの求人サイト」。

日系なら履歴書も英文でなく和文(日本語)で良いところも多いので、英語が初級の人からでも見つけやすいと思います。

 

2.ローカル向け求人サイトを使う(英語)

ローカルの仕事を見つけるなら「ローカル向けの求人サイト」。

「日本人向けの求人サイト」のように対象が日本人限定ではないので、倍率は高くなります。

ワーホリビザの人よりも永住権を持っている人にあった仕事が多いですが、求人を選べばワーホリビザの人にもチャンスはあります。

 

3.Facebookグループを使う(日本語/英語)

Job in Australia

基本的に英語ですが、Facebookで「Australia Job」などいれて検索すると、求人の載っているグループが沢山でてきます。

 

4.仕事を紹介してくれるエージェントを使う

日本で言う派遣会社みたいな感じで、登録すると仕事探しを手伝ってくれます。

 

5.企業のWEBサイトの求人欄を見る

大きな企業は公式WEBサイトの求人欄(JOBやRecruit)の項目に仕事の情報が載っていて直接応募することができます。

もしも目当ての会社やお店が決まっているなら、公式WEBサイトをチェックしてみましょう。

大手の会社では仕事の募集が始まるとメールで教えてくれる会社もあります。

 

6.リゾートバイト系

MyStage

日本でも最近流行っていますが、オーストラリアにもリゾートバイトがあって、わたしは利用したことはないのですがホテルでの仕事が多いようです。

ただ、自力で探そうと思えば探せない職種ではないので、必ずしもエージェントにお願いするのが1番とは限らないかなと。

エージェントにお願いする利点は、確実性と、仕事探しの時間が省ける可能性のある点だと思います。

 

7.気になるお店に直接履歴書を配る

求人サイトにわざわざ求人を載せていないお店も多いので、履歴書を持って飛び込みでお店に行くのは結構効果的です。

日系もローカルもどちらも狙うなら直接履歴書を配りましょう。

 

8.知り合いに紹介してもらう

人脈は本当に大事で、友達の働いているお店や友達に紹介してもらって仕事が決まることもあります。

学校やホームステイ先で、とりあえず「仕事探してるんだ!」と言っていると、ふいに紹介してもらえることがあります。

「求人出ていたよ!」とか「これ試してみたら?」って助けてくれる人たちもいるので、頼ってみましょう。

オーストラリアで確実に仕事を見つける方法まとめ

オーストラリアでの仕事探しは人によっては難航するので根気強さも必要になります。

  1. 日本人向け求人サイトを使う
  2. 外国人向け求人サイトを使う
  3. Facebookグループを使う
  4. 仕事を紹介してくれるエージェントを使う
  5.  企業のWEBサイトの求人欄を見る
  6. リゾートバイト系
  7. 気になるお店に直接履歴書を配る
  8. 知り合いに紹介してもらう

以上の8点を平行して続ければ確実に見つかるはずです。

オーストラリアに限らずワーホリで気をつけた方がいいポイントはこちらにまとめてます。

【ワーホリ】本気の仕事探しに必要なたった3つのこと

わたしは最近までオーストラリアで求職中でしたがやっと仕事が決まったので、これまでオーストラリアとニュージーランドにワーホリビザで滞在し仕事探しをしてきて重要だとおもったことを3つにまとめました。 こん ...

続きを見る

-オーストラリア, ワーキングホリデー, 仕事, 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.