ニュージーランド ビザ(ニュージーランド) 海外記録

【ニュージーランド】3カ月以内の滞在なら観光ビザ事前申請は不要

更新日:

ニュージーランドの短期滞在は、観光ビザを申請しなくても大丈夫

【ニュージーランド】10月1日からETAの事前取得が必須に!

続きを見る

↑最新情報です(2019年6月現在)

ニュージーランドへの渡航では、状況によっては事前に観光ビザを申請する必要がありません。ニュージーランドに3カ月以内の滞在で、観光や就学が目的なら、事前の観光ビザ申請は必要ありません。3カ月以上9カ月未満の滞在予定の方は事前に観光ビザの取得が必要です。

どちらとも、観光(ホリデー)をするためのビザなので、働いて報酬を受け取ることはできません。仕事や長期で就学したい場合は、ワーホリビザか学生ビザを取得しましょう。

ビザ無し(Visa Waiver Visitor Visa)

【取得方法】事前に申請する必要なし(空港で自動的に発給されデータが残る)
【滞在期間】3カ月以内
【できること】観光、就学、条件付きで家族の同行が可能
【できないこと】仕事

観光ビザ

【取得方法】事前に申請する必要がある
【滞在期間】最長9カ月
【できること】観光、就学、条件付きでパートナーや子供の同行が可能
【できないこと】仕事

【留学・旅行】ニュージーランド航空の直行便がオススメ!

続きを見る

ビザ無しの場合は、いくつか事前に準備するものがあります

ビザなし渡航に必要なもの

  • 往路航空券(予約完了メールや明細など)
  • 1カ月あたり$1000の資金証明(銀行のバンクステイトメント)
  • 滞在先の住所やホテルの予約(予約完了メールや明細など)
  • 渡航先ビザ*(発給済みのビザ)

ビザ無し渡航に必要な書類の補足

ニュージーランド出国後に行く国の入国にビザが必要な場合は、あらかじめ取得しておく必要があります(例えば、オーストラリアへ行く場合は、オーストラリアの観光ビザやワーホリビザなどを取得)。そのまま日本へ帰る場合は必要ありません。

ビザがない状態で入国すると不法滞在を疑われかねないので、友人宅の住所や予約済みのホテルなど滞在先の住所がわかるものを念のため用意しておきましょう。入国時にチェックされる可能性があります!

【ニュージーランド】ワーホリビザから観光ビザに切り替える方法

続きを見る

-ニュージーランド, ビザ(ニュージーランド), 海外記録

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2019 All Rights Reserved.