ニュージーランド ビザ情報 ワーキングホリデー 旅行 海外記録 生活お役立ち情報

【ニュージーランド】ビザ無しで入国・再入国するときに必要な5つの条件

投稿日:2018年7月8日 更新日:

日本人は3カ月以内の観光目的であれば、渡航前に観光ビザ(ビジタービザ)を申請しなくてもニュージーランドに入国・滞在することができます。
※厳密には入国時に空港でビザが自動的に発行されています。

今回はニュージーランドにビザ無し(無査証)で入国するときの注意点をまとめました。

 

ワーキングホリデー、観光ビザで一定期間滞在後もビザ無しで再入国することは可能です。空港の手続き攻略!ニュージーランドにビザ無しで入国するときにされた全質問と下準備

ワーキングホリデービザから観光ビザを申請し切り替えることも可能です。ニュージーランドワーホリビザから観光ビザに切り替える方法

ビザについて専門機関に問い合わせる時の注意点について。ニュージーランド イミグレ問い合わせ方法と早く回答をえるコツ!




観光ビザとビザ無しの違い

ビザ無し・無査証・Visa Waiver Visitor Visa とは

英語で正式にはVisa Waiver Visitor Visaといい、ニュージーランド イミグレーションのWeb siteにもこの名前で載っています。

入国前に事前のビザ申請なしに入国し、最長3カ月間滞在することができます。

自分でビザ申請をする必要はありませんが、空港で入国時に自動的にVisa Waiver Visitor Visaが自動的に発給されています。

このビザは紙やデータで渡されるわけではありませんが、イミグレーションによって管理されているため記録は残っています。

観光目的なので働くことはできませんが旅行、や友人、家族への訪問が可能で、条件付きでは家族を連れてくることや就学することも可能です。観光目的ではないと判断された場合入国拒否される恐れがあります。

 

観光ビザ・ビジタービザ・Visitor Visa とは

英語で正式にはVisitor Visaといい、ニュージーランド イミグレーションのWeb siteにもこの名前で載っています。

ニュージーランド入国前に事前のビザ申請をしてビザを取得してから入国し、最長9カ月間滞在することができます。

観光目的なので働くことはできませんが、旅行、友人や家族への訪問、最長3カ月間の就学が可能で、自分のパートナーや19歳以上の子供を連れてくることも可能です。

 

 

ここからが本題で、ニュージーランドにビザ無し(無査証)で入国するときの注意点です。

ビザ無しで渡航するときに用意が必要な5つのもの

ニュージーランドにビザ無しで渡航するときには以下の情報を必ず用意する必要があります。

1.ニュージーランドを出るための航空券 ※必須

ニュージーランドを「出国するための航空券(onward ticket)」を用意していない場合、ビザ無しで入国することはできません。

ニュージーランド側は渡航者に不法滞在されることを防がないといけないので、誰がいつ入国しいつ出国予定かを把握します。

不法滞在を疑われないためにも航空券を見せて出国する意思を見せなければいけません。

ワーホリや観光ビザでは航空券を買うための資金証明さえすれば事前に航空券を購入する必要はありませんが、ビザ無しの場合は事前購入が必須になります。

ニュージーランド出国後の渡航先は日本でもその他の国でも構いませんが、ニュージーランドにビザなしで滞在可能期間である3カ月以内に出発する航空券が必要です。

航空券を予約し、航空会社から送られてくるEチケットをプリントアウトしておきましょう。

わたしの場合は渡航先がオーストラリアなのでオーストラリアの航空券を購入し証明しました。

 

 

2.ニュージーランドを出国後、次の国で必要なビザ

もしもニュージーランドを出るための航空券の行き先が日本ではなく、またビザ申請が必要な国の場合は渡航先のビザが必要です。

ビザが必要な場合は、取得したビザをプリントアウトしておきましょう。

わたしは渡航先がオーストラリアなのでオーストラリアのワーキングホリデービザを取得し証明しました。

 

 

3.十分な滞在資金 ※必須

滞在予定の期間中は働くことができないので十分な資金をもって入国・滞在することを証明しなければいけません。

資金がないと不法労働を疑われかねません。

この証明には、1カ月滞在にあたり$1000の資金証明が必要です。(例 : 3カ月間滞在する場合は$3000)

自分の口座のある「銀行の貯金残高明細(英文)」を見せることで証明できるので、オンラインからプリントアウトするか、銀行で発行してもらいましょう。

入国時に入国管理官・税関に提

 

 

4.滞在先住所

出する出入国カードには、現地での滞在住所を記入する欄があります。滞在先の友人宅やホテルの住所を記入しましょう。

出入国カードとは

飛行機内で配られ、空港にも用意されている長細いカードで、自分の情報や、持ち物、滞在について記入します。

日本語版の出入国カードが用意されている場合や、空港の出入国カード記入ブースに日本語訳が展示されていることがあります。

ニュージーランドでは、カード自体は英語記載でしたが、空港に日本語訳のポスターが展示されていました。

もし出入国カードに虚偽の記入が見つかった場合は罰金の対象になるので注意しましょう。正直に書いてね!

 

 

5.予約証明(滞在先がホテルの場合)または友人宅の連絡先

念のため、ホテルを予約したときのメールや友人宅に泊まる場合は友人宅の連絡先を提出できるようにしておきましょう。

厳しい入国管理官は質問してくるかもしれません。




以上が一般的なビザ無し渡航で必要な注意事項になります。

わたしの場合は更に複雑なケースだったのでそのことについては別記事にまとめています。空港の手続き攻略!ニュージーランドにビザ無しで入国するときにされた全質問と下準備

-ニュージーランド, ビザ情報, ワーキングホリデー, 旅行, 海外記録, 生活お役立ち情報

Copyright© Sammyの楽しく生きたいだけ。 , 2018 All Rights Reserved.