#ヨーロッパ #旅行

【10%割引あり】パリでのコスメ購入品紹介【ドラッグストア最強】

更新日:

旅行の醍醐味の一つ、それが買い物。ということで、フランス・パリのドラッグストアで化粧品類を爆買いしてきたので、購入品を紹介したいと思います。

パリは、建造物や美術館など芸術作品もさることながら、洋服や化粧品も豊富にそろっているので女子には本当にたまらない街でした。今すぐにでも戻りたい…。

そして、フランスでは、フランス発のコスメブランドを超絶安く購入することができるのも特徴。日本とは比べ物にならないほど安いし、ドラッグストアで気軽に買えるので思わず爆買いしてしまったんですね。日本で爆買いする中国人団体の気持ちがわかりました。

フランス・パリのドラッグストア最強説!

わたしたちが訪れたドラッグストアは「pharmacie monge notre dame」です。パリの5区に位置し、地下鉄プラス・モンジュ駅(Place monge)の横にあります。どうやら、品ぞろえがよく人気のフランスコスメを安く購入することができるため、地元の人以上に最近は旅行客(特にアジア人)から人気のようです。

このモンジュのドラッグストアでは10%オフクーポンが利用できたので、もともと安いコスメがさらにお得に購入できました。クーポンはこちらで発行されています!メールでクーポンを受け取ったら、レジで見せるだけ。10%オフからの免税も可能です。

フランスで免税を受けるためには175€以上の購入が必要です。このドラッグストアでは175€以上購入すると、その場で免税してもらうことができます。(※出国時に空港で免税手続きも必須)

通常免税は空港で手続き後に免税分の金額が返金されるシステムですが、このドラッグストアではレジで免税手続きし免税分引いた額を支払えばOK!何か月も返金を待たなくていいのはありがたい。

わたしの場合は186€購入し免税手続きしてもらって、その場での支払いが158€になりました!免税額は28€。あらやだ、このお金でまた化粧品買っちゃいそう…!お得~!うれしい~!

ただし、免税手続きのためレジでの清算は通常以上に時間がかかる可能性があるのでご注意ください。特に夜など時間帯によってはかなり並ぶと思います。免税手続きは、だいたい一客当たり15分程度かかっていました。お客さんはみんなわからないことをいろいろ質問するし時間かかるのだ。

 

186€(免税後158€)分のドラッグストア購入品をどどんと紹介!

さて。やっと、購入品紹介。日本でも購入できるフランスの人気ブランドから、日本未発売のものまで順番に紹介していくよ。

アベンヌ

日本でもわたしが住むオーストラリアでも人気のアベンヌは、南フランスのアベンヌ村生まれ。1700年代に皮膚病を患っていた人がアベンヌ村の温泉水を飲んだところ、皮膚病が改善されたんだって。なんとこの温泉水は地層を潜り抜け、50年以上かけて地上に湧き出てくるそう。天然成分すごい(語彙力)。アベンヌでは基礎化粧品を一式そろえたよ。

スキンバランスローションSS

11.99€/日本では2500円
アベンヌの中で一番安い化粧水。美容液やクリームは大事だけど、化粧水は結構何でもいいので一番安いのにしました。

スキンバランスクリームEX SS

13.99€/日本では4000円
こんなに小さい保湿クリームが4000円なんて…。

モイスチャークリームマスク

11.99€/日本では2800円?
一応アベンヌの商品の中では美容液に位置付けられているクリームマスク。ファンデのノリが悪かったりくずれやすいと感じるときに使うといいと書いてあったので買ってみました。

アベンヌの基礎化粧品はたくさん種類があるから、公式がだしてるステップ表を見るとわかりやすいよ。

ヴェレダ

もう超王道だよね。オーガニック製品は皮膚の敏感な人や妊婦さんにもわたしやすいし、お土産にしても喜ばれると思う。ヴェレダって有名なだけあって日本ではちょっと高い…でもフランスはさすが安かった!ヴェレダではシャンプーとトリートメント、マッサージクリームを購入したよ。

オーガニックシャンプー(ドライ・ダメージヘア用)

6.99€/日本では2160円(税込み)
シャンプーはノンシリコンにこだわってるので購入。

オーガニックヘアトリートメント(ドライ・ダメージヘア用)

7.99€
※コンディショナーとパッケージが似ているので注意!なぜか日本の公式サイトには掲載がありませんでした…。

ホワイトバーチ ボディオイル

14.99€/日本では4104円(税込み)
ヴェレダのボディオイルといえばこれらしい。肌のざらつきを改善する効果があるんだって。夏前にぜひ使いたい。ローズヒップと迷ったけど、定番を買えば間違いないと思ってる。

 

ロジェ・ガレ

何年か前から日本でも見かけるようになったロジェ・ガレ。日本に帰国したときに目をつけていたから今回超安く買えてラッキー。もうね、日本で買うのがばからしくなるレベルですよ。

オスマンティウス

6.99€/日本では2500円
日本ではきれいに並べて売られているシャワージェルが、フランスでは投げ売りされてた…。日本との扱いの違いよ(笑)。

エクストレドコロン マグノリアフォリ

22.99€/日本では4200円
スプレータイプの香水で、匂いがきつすぎない(でも長時間持つ)から、香水が苦手な人にも良さそう。シャワージェルやボディーケアも香りを合わせて買いたかったのだけどなぜか売ってなかった。

 

ダルファン

韓国人のお客さんが爆買いしていたのがダルファン。韓国の高級エステサロンでも使われているらしく、韓国人の店員さんが力説してました。ほかのブランドに比べるとちょっと高いけどそれでも日本で購入するよりも全然安いので、基礎化粧品をきちんといいものでそろえたい人はライン買いしても良さそう。化粧落としと美容液が特に人気。

ハイドラスキンライト

35.99€/日本では10820円(税込み)

集中保湿ジェル。普通肌~混合肌まで対応していて、肌の張りを取り戻し、肌細胞の再生能力を高める作用があるそう。めっちゃ売れてるよって店員さんに言われて購入(笑)。

ニュクス

日本でも販売されているものの全然知らなかったニュクス。世界74カ国で販売され、フランスでは超有名だそう。基礎化粧品やボディケアなどなんでもあったけど、美容オイルは25周年のベストセラーだったので試しに選んでみたよ。

プロディジュー オイル

11.99€/日本では3240円(税込み)

顔、体、髪に使えるマルチ美容オイル。わたしが購入したのは小さいほうのサイズ。韓国人のお客さんは大きいほうのサイズのオイルを何本も購入してたよ。夏やパーティーに良さそうなラメラメが入ったオイルもある。

 

コーダリー

コーダリーはブドウ畑から生まれたコスメ。もちろんワインに含まれるポリフェノールが配合されていてアンチエイジング効果があるそう。ワイン好きなので買わずにはいられませんでした(笑)多分今回購入したブランドの中で、日本での販売価格とフランスでの販売価格の差が一番少ないブランドだと思います。日本でも比較的安く買えるのでリピート買いもしやすいのはいいですね。わたしオーストラリア在住なので関係ないけども。

インスタント フォーミング クレンザー

13.49€/日本では2574円
とにかくたくさん種類(コレクション)があるので、とりあえず店員さんに人気のメイクアップリムーバーくださいと言ったら、これがベストセラーだからと勧められて購入。おそらく化粧を落とすよりも洗顔の要素が高いのですが、もともと化粧薄いのでこれくらいで十分かな。ばっちりメイクの方はほかのメイク落としのほうがいいかも。

基礎化粧品お試しセット

24.9€/日本では不明
コーダリーは何個か商品が入ったお試しセットの種類がたくさんありました。瓶に入ったセラムは同サイズを単品で買うと30€なので、お試しセットで買ったほうが安いという奇跡。買った後に気づいたのですが、こういうのうれしいですよね。

 

レノ

リップクリーム

1.99€/日本では不明
ごめんなさい、安くてノリで買っただけなので全然わからないです(笑)いろいろなブランドのリップクリームがあったのですがその中でも安かったのでバニラの香りのこちらに。

 

サノフロール

日本未発売のオーガニックブランド、サノフロール。販売スペースが狭く商品数もそんなになかったのですが、一応フランスではオーガニックコスメとして有名みたいです。正直オーガニックの定義ってあやふやだと思うのですが、フランスのオーガニック基準は世界でも高いといわれているので、それをクリアしているということは製造過程の安全性は高いのかなと思います。

フローラルウォーター ラベンダー

7.99€/日本では不明
ラベンダーは油性肌・ニキビ肌に適したさっぱりとした仕上がりだそう。正直情報がなさ過ぎて用途がよくわからないのですが、夏場とかシャキッとしたいときにスキンのスプレータイプのトナーを愛用しているので、その代わりに購入してみました。

 

パリのドラッグストアで効率的な買い物の仕方は?

フランスコスメは日本ですでに大人気のものもあるけど、実は未発売のものやまだまだ情報が少ないものも結構あるから、ぐぐっては商品を見比べての繰り返しでした。

日本未発売のものはぐぐっても日本語ではあまり情報がなかったりするから、確実に良いものを買いたい人は冒険せず日本でも人気の定番を買おう。定番なら間違いがない。

一つ大きな難点なのは商品名や説明がすべてフランス語なので分かりにくいこと。買いたい商品が決まっている場合は、あらかじめ商品のフランス語名やパッケージを調べておくと効率的だよ!

あと、クーポンはあらかじめゲットしておこう。免税手続きに必要なパスポートも忘れずにね。

 

激安だけど落とし穴?清算間違いには気を付けよう!

ここからは残念なお話。今回ブログを書くためにレシートを見直していたら、なんと清算の間違いを発見してしまいました。どれも1つづつしか購入していないのに、1つの商品だけ2つ購入したことになっていました…。

もともと安いうえに、10%オフクーポンでさらに安くなり、免税でさらに安くなるということに満足してきっちり確認していませんでした。どっちにしろ安いのですが買ってもいない商品代を払うのはやっぱり気分がよくないですよね。

さすが海外クオリティ、普通に間違いあるんだなあって思いました(笑)実はほかのお店でもお釣りを間違って少なく渡されることがあったので、どんなに疲れていても金額は必ず確認しましょう…。教訓です。※店員さんは頑張って接客してくれるいい方でした。

 

さて。まだどれも使用していないので、使い始めたら使用感も書き足していきたいと思います!質問はツイッター@sammyjp6で受け付けてます♪

  • この記事を書いた人

サミー

オーストラリア、ニュージーランド2カ国のワーキングホリデーと、フィリピン語学留学の経験を元に海外生活について書いています。

-#ヨーロッパ, #旅行

Copyright© サミーのブログ , 2019 All Rights Reserved.