#オーストラリア #オーストラリア #ワーホリ・留学 #ワーホリ生活

【割引あり】シドニーでおすすめのマツエクサロン

更新日:

マツエクをつけるなら経験豊富な日本人にお願いしたい…そんな方向けに、オーストラリア・シドニーでおすすめのマツエクサロン・日本人アイリストを紹介します!

オーストラリア・シドニーでおすすめのマツエクサロン

わたしがシドニーで通っているマツエクサロンは「E's Beauty Studio」で、日本人アイリストのERIさんにお願いしています。

仕上がりがきれいで、マツエクの持ちもすごく良いのでお気に入りです。

 

マツエクの料金とデザイン

料金はマツエクの種類によって変わります。基本料金はこちら↓

  • クラシックマツエク(通常のマツエク):$65
  • 3Dマツエク:$85
  • マツエクのオフ:$5
サミー
サミーの紹介で$5割引きになります!ツイッター(@Sammyjp6)からDMくださいね♪

マツエクは、目じりの長さを決めたら、あとは目の形に合うようにERIさんがデザインしてくれます。マツエクの長さやカールについてなど、サンプルを見ながら丁寧に説明してもらえるので安心ですよ~。

 

マツエク施術後の写真

わたしのマツエクはクラシックタイプで、100本以上(つけ放題)ついています。どちらかというと可愛いよりは美しいデザインが好きなのと、目の横幅が欲しいので目じりを長めにしています。

よりナチュラルな仕上がりにしたい方や、自まつげの本数が少ないけどボリュームを出したい方は、クラシックではなく3Dがおすすめです!ERIさんに相談してみてくださいね。

①写真映えする華やかなデザイン

〇目力がでる、外国人風メイクにも合う、写真に映える
✖すっぴんだと少しうく

②すっぴん美人なナチュラルデザイン

〇ほどよい目力、すっぴんでもナチュラルに可愛い、すっぴんでもうかない
✖とにかく目力が欲しい人には物足りない

 

マツエクの付け替え周期は?

ネットの情報によるとマツエクの持ちは平均3~4週間で、2週間を過ぎるとばらつきが気になり始める人が多いそう。

だがしかしERIさんにつけてもらうと4週間たってもすごーくきれいなんです。周りの人に4週間たってると言っても信じてもらえないレベル(笑)

でも、どんなにきれいにマツエクが残っていても、自まつげを傷めないためには1ヵ月~1ヵ月半ごとに付け替えるのが良いそう。ダメージを受けすぎると今後マツエクをつけるのが難しくなってしまうので、気を付けましょう!

マツエクをきれいに維持する、自まつげを傷つけないようにするには普段のケアも大切です!

 

マツエクをつけるなら気を付けたいまつげのケア!

①マツエク施術後24時間は水の接触を断つ!

マツエクをつけたら24時間は水がつかないようにします!24時間以内に水がつくと持ちが悪くなってしまうんだそうです。

なので、施術後に化粧を落としたりお風呂に入ったりする必要のある人は注意が必要です。わたしはゴーグルをつけて乗り切りました(笑)

②メイク落としは必ずマツエクOKのものを使う!

メイク落としには、マツエクをつけていても大丈夫なものとそうでないものがあります。マツエクの持ちを良くするためには、マツエクOKの化粧落としが必須です!そしてごしごし洗わないこと!

わたしが使っているのは、ファンケルのオイルクレンジング。しっかりメイク汚れが落ちるのにマツエクはきれいなままキープできるのでおすすめです。やっぱりメイク落としは日本のブランドが好き。

③まつげ美容液を使う!

使っているのに言うのも難ですが、まつげ美容液でまつげが伸びるかは微妙なところだと思うんですよね。効果は不確か…。

ただしまつげを伸ばすのが目的でなく、まつげをいたわるのが目的なら使う価値は十分にあると思っています。

わたしが使っているのは、BEAUTYLASHのまつげ美容液。コームではなく筆タイプのまつげ美容液ってどうやってつけるの?!って最初困惑したけど慣れたら平気でした。マツエクの上からつけてます。

 

マツエク以外のメニュー

わたしはマツエクで通ってますが、サロンにはそのほかにもいろいろなメニューがあります!ラッシュリフトやティントなど…手先の器用な人ってなんでもできちゃうんでしょうね。羨ましいです。

料金は直接お問い合わせをお願いします!

メニュー

  • マツエク
  • ラッシュリフト
  • ティント
  • ワックス脱毛

最後に…

サミー
サミーの紹介で$5割引きになります!ツイッター(@Sammyjp6)からDMくださいね♪
  • この記事を書いた人

サミー

オーストラリア、ニュージーランド2カ国のワーキングホリデーと、フィリピン語学留学の経験を元に海外生活について書いています。

-#オーストラリア, #オーストラリア, #ワーホリ・留学, #ワーホリ生活

Copyright© サミーのブログ , 2019 All Rights Reserved.