海外記録

【オーストラリア・ニュージーランド】アフターピルの購入方法【英会話付き】

更新日:

避妊に失敗してしまったとき、そのまま次の生理がくるまで待つのは不安で気が気でありません。

待つのではなく、避妊しないようにモーニングアフターピルを飲むという選択肢もあります。

オーストラリア滞在中何が起きるか分からないので、万が一の時のために知っておいて損はありません。

今回は万が一の時のために薬局での購入方法や価格をまとめました。

モーニングアフターピルではなく普段服用する低用量ピルについてはこちら。

モーニングアフターピルとは?

アフターピルは正式にはモーニングアフターピルといい、緊急避妊ピルとも呼ばれていてその名の通り緊急時に服用して妊娠しないようにするお薬です。

例えば、性交渉の時にゴムが取れてしまい避妊がうまくいかなかったときなどそれによって妊娠するかどうかは分かりませんが、念のためにお薬を飲んで妊娠しないようにします。

アフターピルについては、日本の産婦人科のホームページやまとめサイトに情報が載っているので詳しくはそちらを見てください。(わたしは専門家ではないので詳しい説明は省きます。)

モーニングアフターピルを購入する方法

アフターピルは、一般的に性交渉後72時間以内に飲むようにと言われていますが、早いに越したことはないので疑いのある場合はすぐに購入し服用する必要があります。

オーストラリアでは普段飲む低用量ピルの購入には医師に処方箋をもらう必要がありますが、アフターピルは処方箋が必要ないので、直接薬局に行けば購入することができます。

まずは、パスポート(身分証明書)とクレジットカードかお金(ピル代$25から$40くらい)を持って近くのpharmacy(薬局)へ行きます。

薬局の奥にprescription(処方箋)と書かれた看板のカウンターがあるのでそこへ行き、薬剤師さんにアフターピルを処方してもらいます。

[speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman.png" name="わたし"]「Excuse me, I would like to buy a morning-after pill.」すみません。モーニングアフターピルをください。[/speech_bubble][speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="clinic.png" name="薬剤師"]「when did it happen?」いつ性交渉があったの?[/speech_bubble][speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman.png" name="わたし"]「Last night.」昨日の夜です。[/speech_bubble][speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="clinic.png" name="薬剤師"]「Do you have ID? can you fill out this paper?」身分証明書は持ってる?この紙に必要事項書いてね。[/speech_bubble][speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman.png" name="わたし"]「OK.」(紙に必要事項を書く。)[/speech_bubble][speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="clinic.png" name="薬剤師"]「Have you taken it before?」以前アフターピル飲んだことある?[/speech_bubble][speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="woman.png" name="わたし"]「Yes/No.」はい/いいえ[/speech_bubble][speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="clinic.png" name="薬剤師"]「There is an instruction on a box, you need to take it with food asap.」箱に説明が書いてあるけど、なるべく早く食べ物と一緒に飲んでね。[/speech_bubble]

薬剤師さんがいつ性交渉が起きたか確認するのはおそらく72時間以内に服用しなければいけないからだと思います。

薬剤師さんからわたされる紙には、名前、滞在先住所、電話番号を記入する欄があるので正しく記入しましょう。

アフターピルを処方してもらったら、代金をその場で支払い帰ります。

 

実際にわたしが処方されたアフターピルの写真です。

実際のモーニングアフターピルの箱

箱の貼られている説明書には「1粒を食事と一緒にできるだけ早く服用してください。性交渉から72時間以内である必要があります。もしも服用後3時間以内に嘔吐した場合、処方者(薬剤師さん)に相談してください。」と書かれてます。

モーニングアフターピルには2種類あって、1つはピルを1粒飲むものでもう1つはピルを時間差で2粒飲むものです。

わたしは1粒タイプのものしか処方されたことがありませんが、どちらが良いか聞かれる場合もあるので、1 tablet か 2 tablets のどちらか選びましょう。

2粒タイプのほうが比較的安いようですが、最初の1粒を飲んでから決まった時間をあけてもう1粒飲む必要があるので飲み忘れの恐れがあることと、アフターピルは副作用により吐き気をもよおす場合があるので、人によっては2粒飲むのは辛いかもしれません。

吐いてしまうともう1度ピルを買って飲まなくてはいけない場合があるので注意しましょう。

 

わたしが処方されたアフターピルと同じものが処方されるとは限らないので、必ず薬剤師さんに確認するか説明書きを注意深く読むようにしてください。

アフターピルによって注意書きは異なりあくまでこの記事の内容は1つの例です。

薬剤師さんは慣れているので恥ずかしがる必要はありません。

緊張せず必要なことは正しく話しましょう!

【オーストラリアは日本よりもピルが安い!】病院の診察、購入方法、海外保険の利用方法【英単語付き】

ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在中、低用量ピルの服用を始めました。 購入に必要な費用や、病院と薬局での手順をまとめています。 低用量ピルとは? 低用量ピルは毎日決まった時間に1粒服用し、これを ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

サミー

オーストラリア、ニュージーランド2カ国のワーキングホリデーと、フィリピン語学留学の経験を元に海外生活について書いています。

-海外記録

Copyright© サミーのブログ , 2019 All Rights Reserved.