海外記録

【ニュージーランド】ワーホリビザから観光ビザに切り替える方法

更新日:

ワーホリビザの切り替えと滞在延長について

ワーキングホリデービザが切れる前に「学生ビザ」または「観光ビザ」を申請してビザが発給されれば、自動的に観光ビザへ切り替わります。

観光ビザは、最長で9カ月間の滞在が可能です。旅行(ホリデー)をするためのビザなので、働いて報酬を受け取ることはできません。

観光ビザの審査には20日程度かかります。もしも審査中にワーホリビザの期限がきてしまった場合、自動的にブリッジングビザに切り替わるので、観光ビザが正式におりるまでの間もニュージーランドに滞在できます。

観光ビザの概要

【観光ビザの審査にかかる期間】20日程度
【観光ビザで可能な滞在期間】最長9カ月
【観光ビザでできること】旅行
【観光ビザでできないこと】仕事

観光ビザの取得にはワーホリビザや学生ビザ同様、健康面や人格に条件があります。

基本的にワーホリビザを取得することができたひとは大丈夫だと思いますが、観光ビザを申請する前にニュージーランド移民局で観光ビザについての項目をよく確認しましょう。

観光ビザは、最長9ヶ月間の滞在が可能です。観光ビザを申請するときに「出国予定日(ニュージーランドを離れる日)」を指定するのですが、ここで指定した日付が観光ビザの期限になります。

もしも指定した日よりも長く滞在したい場合は、再度観光ビザを申請することになります。再度申請料がかかってしまうので、延長する可能性がある方はあらかじめ滞在期間を長めにしておいた方がいいですよ。

【留学・旅行】ニュージーランド航空の直行便がオススメ!

日本からオークランドへ「ニュージーランド航空」がオススメ! ニュージーランド航空は、日本(成田、関西)からニュージーランドへ唯一の直行便を運航しています。成田空港と関西空港からニュージーランド・オーク ...

続きを見る

観光ビザの申請にかかる費用

観光ビザは、1カ月の滞在につき$1000の資金証明が必要です(3カ月なら$3000)。また、ニュージーランドを出国するのに必要な往路航空券を購入せず申請する場合は、+$1000の資金証明が必要です。

観光ビザにかかる費用

【申請料】
【健康診断料金】$150~$200程度
【資金証明】1カ月あたり$1000
【航空券】往路航空券もしくは$1000の資金証明

※滞在でかかる費用の資金証明と航空券の資金証明は、スポンサーがいる場合はスポンサーの証明をすれば大丈夫です。スポンサーに関しては条件が細かいので詳しくはニュージーランド移民局のWEBページで確認しましょう。

 

観光ビザ申請に必要な書類

観光ビザを申請するときは【ニュージーランド移民局の申請フォームに必要書類をアップロードします。必要な書類は人によって変わりますが基本的に7種類です。

観光ビザ申請に必要な書類

  • 資金証明(銀行のバンクステイトメント)
  • 往路航空券もしくは$1000の資金証明(予約完了メールや明細、銀行のバンクステイトメントなど)
  • 健康診断書
  • Xrey診断書
  • パスポートのコピー(パスポートのスキャン)
  • 証明写真(証明写真のデータ)
  • 渡航先ビザ*(発給済みのビザ)

観光ビザの申請に必要な書類の補足

ニュージーランド出国後に行く国の入国にビザが必要な場合は、あらかじめ取得しておく必要があります(例えば、オーストラリアへ行く場合は、オーストラリアの観光ビザやワーホリビザなどを取得)。

健康診断書は、ニュージーランドの滞在期間が合計12カ月以上になる場合必要です。この12カ月にはワーホリでの滞在期間も含まれるので、ワーホリ後に観光ビザへ切り替える場合は提出が必須になります。

また、X rayの診断書は、ワーホリビザの申請時に診察を受けているはずなので、ワーホリビザ申請の時と同じものを提出すれば大丈夫です。X rayデータのデータは、一度提出すれば移民局に3年間保管されています。

【ニュージーランド】10月1日からETAの事前取得が必須に!

ニュージーランドへの入国にETAの事前取得が必須になります これまで、3カ月以内の滞在の場合、日本人は事前に観光ビザを申請する必要はありませんでした。2019年10月1日~は、ニュージーランドへの入国 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

サミー

オーストラリア、ニュージーランド2カ国のワーキングホリデーと、フィリピン語学留学の経験を元に海外生活について書いています。

-海外記録

Copyright© サミーのブログ , 2019 All Rights Reserved.